ユロドル・ポンドルの方向性に曇りなし!!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は東京時間もNY時間も関係なく、値動きが激しいです
本日も朝からAIGの支援報道で相場は加熱モード!

さらに英・大手金融機関のバークレイズが、
米・リーマン・ブラザーズの北米投資銀行部門を
2.5億ドルで買収する方向となったようです!

まあ、昨日は米・保険会社AIGの救済に関する報道が、
相場の中心材料となり、米株式市場も激しい乱高下しました!
(FRBがAIGへ9兆円の融資)

注目の米・FOMC政策金利は0.25%の利下げ予想が強まっていた中、
全会一致で据え置きが決定!

最近は、株式の損失分を穴埋めするため、
利益の出ている原油が売るといった形が目立っているようです

ちなみに原油相場は1バレル=91$まで下落!
こちらの暴落も止まる気配なしですね


20080917-02.png
スワップ派の動向をcheckしよう!
ブログ村為替ブログをcheck! 上手なスワップ派の保有ポジションは!
スワップ為替ブログをcheck! スワップ派は円高相場をどう乗り切るのか!

とりあえず、USD/JPYはAIG救済の報道から
強いドル買いの流れとなっていますが、
107.5円及び108円付近では、戻し売りの可能性が高そうですね

何だかんだで金融不安が完全に払拭されたわけではなく
局面としては、悪いということには変わりありません

金融機関もギリギリの状態というのが浮き彫りに出ている中、
どこが救済された、どこが買収されたって
こんな泥沼な状態で、USD/JPYが110円を軽々と突破するような
強いUSD買いの流れは考えにくいです

米・株式市場もボロボロな状態ですしね・・・。
戻し売りが強く意識されると考えるのが
自然な考え方だとは思うんですよね^^

またIMM市場(シカゴ市場)のポジションバランス(上図)を見てみると
USD/JPYが売り越しから買い越しへ転じています!

USD/JPYに関しては売り越しになれば、
買い越しにもなるというような一進一退の状態ですが、

EUR/USDやGBP/USDに関しては、
大きな売り越し量でキープされています

このことからIMM市場では、
「EUR/USDやGBP/USDの方向性に曇りなし」
と判断している様子が伺えますね!

ちなみにこのIMM市場のポジションバランスは、
FXプライムの会員限定情報で閲覧できます
口座開設すれば、入金額0円で全ての情報が見放題ですよ^^

『選べる外貨』誕生!


応援よろしくお願いします!皆さんのトレードが成功しますように!
人気BlogRanking3位をcheck! 本日の利益4万円突破!その手法とは?
人気BlogRanking9位をcheck! 今週も乱高下必至か!その注目ポイントは?
人気BlogRanking31位をcheck! 35連勝ごちそうさま!そのトレードスタイルは?
人気BlogRanking47位をcheck! 流れに変化か!その根拠は?


FXプライムはジャスダックに新規上場が決定!信用力と強靭なサーバーが魅力!
 
【FXプライム】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2001-55ec2561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。