絶好のカモ相場!GBP/USDのテクニカル分析!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて今回はGBP/USDのテクニカル分析をしていきたいと思います
こちらに関しての見通しは、前回コメントした時と変わりません

とりあえずGBP/USDのチャートを用意したのでご覧下さいませ

20080802-03.gif
ブログ村為替ブログをcheck! 上手なスワップ派の保有ポジションは!
スワップ為替ブログをcheck! 勝ち組スワップ派からトレード術を盗め!為替侍の絶好のカモ相場!GBP/USDのテクニカル分析!

上図はGBP/USDの2時間足チャートです
かなり奇麗な下落トレンドを描いていますね!

レンジ幅も200pips程度あるので、
トレードで差益を狙うには十分な土俵と言えるでしょう!

こーゆー場面では、難しいことを考えずにピンク色ライン付近での
戻し売りを徹底的に狙っていきたい局面です

ただし、こーゆーチャートが長期に渡って続くっていうのも考えにくく、
今後、この下落トレンドレンジは必ず崩壊してきます

そのときに、どーやって崩壊していくのか?どこのポイントを抑えていくのか?
を、しっかりと見極めていくことが重要になってきます

例えば、青ラインを下抜けしていった場合は、
現状の下落トレンドよりも、さらに下落勾配が
きつい下落トレンドへトレンドが移行していく可能性があります

こーなってきた時に、いつまでもピンク線上での戻し売りを狙っていたら、
美味しい下落ブレイクを逃してしまいますよね・・・。

レンジブレイクを起こした時は、
短期的に見たときの値動き幅も必然的に大きくなります

とゆーことは、短期的に大きく差益が狙える局面なので
自身が普段みているチャート足も短いものへ切り替えて
戻し売りに対応したほうが利益もあげやすくなってきます

わかりやすい例をあげるなら
2007年7月のサブプライム暴落の時に
1時間足チャートをみて戻し売りを狙っていたら
戻し売りのタイミングは、いつまでたってもくることはなく、
結果的に大幅に利益を取りこぼしてしまいます

このあたりの考え方は、後日詳しく説明したいと思います^^

本文が参考になったら応援クリックお願いします!為替侍は何位かな?
人気BlogRanking5位をcheck! ドルスイスが上昇トレンドへ転じたか!ってことは!
人気BlogRanking7位をcheck! 大きな指標の前によくある動き!これは重要!
人気BlogRanking14位をcheck! 心霊体験!暑い夏も涼しくなるかも!
人気BlogRanking35位をcheck! オセアニア通貨がファッキン!さぁどうしましょ!

スプレッドは完全固定化!ドル円スプレッド1~!信託保全完備!
外国為替証拠金取引の外為オンライン
【外為オンライン】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/1885-f9dbb7bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。