FX業者の口座開設者数・推移グラフで業界の未来を考える

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巷では8月から実施されたレバレッジ規制の影響で、

くりっく365や大証FXといった公的取引(取引所取引)が

今後、シェアを伸ばしてくると予想されていますが

本当にシェアを伸ばしてくるのだろうか?


もちろん、為替侍も公的取引(取引所取引)がシェアを

伸ばしてくると予想する一人ではあるんですが、

今回の記事ではFX各社の口座開設数の推移グラフ

みながらアレコレと考えてみたいと思います


FX業者の口座開設者数・推移グラフ_20100803

くりっく365はシェアを拡大できるのか


FX業者には口座開設者数を開示する義務がないので

FX市場の総口座を正確に把握することはできないんですが

おそらく店頭取引の総口座数は200万口座ちょい程度だと思います


その200万口座の内、50万口座が外為どっとコムなので

店頭取引市場の25%のシェアを占める外為どっとコムが

FX業界を牽引していると考えて間違いはないと思います

(取引高ベースで考える話は変わってきますが)


その口座開設者数の伸びは他社を圧倒しており

毎回、調査するたびにその差は広がる一方で、

こんな状況は2005年からずっと続いているんです


そんな外為どっとコムが独壇場のFX市場で、

くりっく365がシェアを拡大しているのかどうか

注目していきたいポイントは2つあります


一つ目はくりっく365の口座数と外為どっとコムの口座数

の差が縮まるかどうかです


今でもくりっく365は徐々にシェアを拡大しているんですが、

それでも外為どっとコムとの口座数は、2年前は12.6万人の

差だったのに対し、今年は20.1万人へと拡大しているんです。

この差を継続的に縮めることができるかどうかに注目です


そして二つ目はくりっく365と外為オンラインの口座数争いです

現在は外為オンラインの方が少しだけ力強さを感じますが

どちらも20万人ちょいと、ほぼ横並び状態なので

今後、どちらの伸び率の方が高いのかココも注目しておきたいです


くりっく365は大手証券会社の参入や手数料引き下げの動きが

強まっていることを考えれば追い風状態だと思いますが

店頭取引業者も負けじとあの手この手で応戦してくるでしょう!


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

国内最大のFX会社!文句なしの信用力で王座に君臨!外為どっとコム!


デイトレ派に大人気のFX会社!外為オンライン!
外為オンライン

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/1855-82193ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。