サブプライム住宅ローン問題の影響から生まれた法則と傾向!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブプライム問題によって為替相場は大きく変動しました。
USD/JPYは暴落へ・・・
EUR/USDは高騰へ・・・

サブプライム問題の発端は米国なので、当然、米国は大打撃です。
世界のマネーは米国のリスクを嫌い、人気のあるEURやCHFへ流れています。
これは自然な流れとして、理解しやすいかと思います。

でもUSDが買われている通貨ペアも存在します。
それはGBP/USDやUSD/ZARなどです。 (この他にもたくさんあります)

なんでサブプライムの発端であるUSDが買われているのか?
またEURやCHFは人気があるのに、GBPやZARはUSDより人気がないのか?



はっきりとした答えはわかりませんが
サブプライム問題により「信用がある通貨」へと
資金が流入している傾向があります。

個人的主観ですが、その信用力をはかるバロメーターとして、
「経常収支」が注目を集めている ように思います。

極論から言うと、経常収支が黒字の国は日本・スイス・カナダなどです。
これらの通貨が今、買われている通貨です。

逆に経常収支が赤字の国は米国・英国・南アなどです。
これらの通貨が今、売られている通貨です。

サブプライム問題の深刻化が進んでくるようならば
為替市場のバランスは失われ、二極化していくのかもしれませんね。

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/1815-f1111342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。