ジェイソンFX!猿でもわかるミシガン大学消費者信頼感指数!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今夜は13日の金曜日です
為替市場にもジェイソンのような恐怖が訪れるのかどうか・・・。

っとゆー前置きはさておき
本日の注目ポイントは、ミシガン大学消費者信頼感指数です
何だか長ったらしい指標名で、覚えづらいですね・・・。
さらに、どんな内容の指標なのかも見えにくい・・・。

そんなことで、今回はミシガン大学消費者信頼感指数を
わかりやすく簡単に説明したいと思います

景気の先行きを見通すためには、
景況感や雇用状況を判断する上で、消費者の動向が大事なんです

そんな消費者を対象にアンケートで調査し集計したものが
消費者信頼感指数と呼ばれる指標なんです

米国の場合は「ミシガン大学消費者信頼感指数」と
コンファレンス・ボードが調査する「消費者信頼感指数」という
2種類が代表的な指標となっています

んで、今回はその片割れとなるミシガン大学消費者信頼感指数
発表されるというわけです^^

同指標は、1996年の値を基準値「100」と設定し、指数化しているので、
その数値そのものは、あまり気にする必要はありません

単純に、消費者マインドが上がっているのか、
下がっているのかをチェックすればOKです!

ただし、コンファレンス・ボードが調査する「消費者信頼感指数」よりも
調査対象となる人数が少ないので、数値にブレが生じやすいので
為替市場を瞬発的に大きく動かすことが多く見受けられます

また、前FRB議長・グリーンスパン氏が
同指標をかなり重要視していたと言われており
市場の注目度も高めの指標です

ドル/円 スプレッド0.8!ポンド/円はスプレッド3!クリック証券!
スプレッド0のクリックFX
【クリックFX】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/1617-2058c073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。