VS雇用統計!本日の注目指標!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーロポンドの戦略!あの戦略です・・・!ロガーロさんをチェック!
人気BlogRanking7位をcheck!


さて本日は米・雇用統計の発表が控えています!
雇用統計という名のとおり、雇用に関する様々な指標が発表されますが
市場が注目しているのは2つの指標だけです!

それは非農業雇用者数失業率です
ココだけ抑えておけば、バッチリです^^

非農業雇用者数と失業率の推移グラフ
ドル/円の相場反転をズバリ予測!その予想値と根拠は・・・。fxcafeさんをチェック!
人気BlogRanking40位をcheck!


先日、発表されたISM景況指数では、
不景気ながらも前回値・予想値を上回る好結果となりました

そのISM景況指数において、
企業内では多少、景気が上向きになっている様子が確認できたので
その上向き分が、雇用拡大に繋がっているのかが
今回の雇用統計のポイントとなってくるでしょう!

そりゃ、そうですよね^^
企業の景気がよくなれば、雇用の拡大に繋がるわけですから。

ってことは市場でも
「ISMがちょっと良かったんだから、雇用統計の結果もちょっと良くなるだろ」
という、期待感が生まれてくるのも自然なことで
今回の雇用統計で雇用悪化になってしまうと
市場の期待感を裏切ることになり、
失望からのドル売りが大きく進むかもしれません

とにかく米・経済は不景気のどん底で
破綻寸前の企業はゴロゴロしてるし、リストラする企業が多いのが現状です

特にリーマンショック以降の4ヶ月をみてみると、
わずか4ヶ月の期間で200万人も雇用が減少しています
当然のことながら、雇用の減少は失業率へと繋がってきます・・・。

2008年09月-40.3万人 失業率は6.2%
2008年10月-42.3万人 失業率は6.6%
2008年11月-58.4万人 失業率は6.8%
2008年12月-52.4万人 失業率は7.2%

だいたい-50万人の雇用減少で、失業率は0.4%悪化しているので
今回の非農業雇用者数が予想通りの-50万円前後となれば
失業率は前回よりも0.4%くらい悪くなるでしょうね・・・。

とゆーことは、今回の失業率は7.6%くらいになるんじゃないかな?
と個人的には予測してます^^;

一日一回のクリック応援よろしくお願いします^^!
ブログ村為替ブログをcheck!

先日の仕切取引
1 02/05/2009 07:39 GBPJPY S 1 131.259 02/05/2009 07:29 131.249 ¥1,000
2 02/05/2009 07:55 GBPJPY S 1 130.961 02/05/2009 07:44 131.30 -¥33,900
合計: -¥32,900

ポンド円スプレッド 3 は脅威的!手数料無料で1000通貨単位トレード可能!

【ヒロセ通商】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/1599-0f4b7277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。