リパトリエーションを検証!本当に円高になるのか!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて前回の記事でリパトリエーションの影響から
1月~2月は円高になりやすいという記事を書きました

過去のレパトリエーション関連記事:3月のドル急落説が浮上!
リパトリエーションの意味を知りたい方はこちら

んじゃー、過去の1月~2月は円高相場に
なっているのかどうかが気になるところですね?
とゆーわけで、今回は過去のUSD/JPY相場から
本当に円高になっているのか調べてみたいと思います

レパトリエエーションを検証してみる

上図はUSD/JPYの月足チャートです
また黄色枠で囲った箇所は1月と2月のローソク足です

もし、レパトリエーションの影響が大きいようなら
この期間のローソク足は陰線(赤ローソク足)になりやすいわけですが、
実際の影響は結構、微妙ですね・・・。
陰線が際立って目立つというほどではありません

まあ、過去7年分のデータでは、はっきりとした検証はできませんが、
どちらかといえば、「円高になりやすい」という表現よりは
円安になりにくいといった表現が適正かもしれません

っとゆーことは、1月~2月の値動きは、
横ばい~下落相場といった形になりやすく
この時期に強い上昇トレンドというのは考えにくいかもしれません

現状のファンダメンタルを考慮すれば
なおさら上昇は考えにくいように思えますし^^;

真実は相場の神様のみが知っているので
信じるか信じないかはあなた次第・・・ということで^^

一日一回のクリック応援よろしくお願いします^^!
ブログ村為替ブログをcheck!
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/1554-92208d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。