移動平均線のコツ!テクニカルを極めよう!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて本日はユーロ政策金利発表を皮切りに、
NY連銀やフィラデルフィア連銀と重要指標が目白押しです!

今のところ、ユーロやポンドなどは、
落ち着いた値動きを見せていますが
まさに嵐の前の静けさといったところでしょうね

今後、値動きが活発になってきたら
デイトレをがんばりたいと思います^^

一日一回のクリック応援よろしくお願いします^^!
ブログ村為替ブログをcheck!
GBP/JPY 10分足
しましまさんがポンド/円のトレード戦略についてコメントしています!
人気BlogRanking14位をcheck!


FX確定申告の書籍を無料でほしい方はコチラ!
2009年の為替手帳を無料でほしい方はコチラ!
大判のFXカレンダーを無料でほしい方はコチラ!
卓上のFXカレンダーを無料でほしい方はコチラ!

今回は、テクニカルに関して、ちょっとコメントしてみたいと思います

例えば上図のGBP/JPY 10分足チャートのように
移動平均線が水平に推移している時は、
当然のごとく相場にもトレンドが発生していません

こーゆー時は、トレンドフォロー型のテクニカルが機能しにくく
ダマシの往復ビンタを喰らう可能性が非常に高いです

例えばMACDのクロスシグナルで売買は、
ほとんど機能しないといっても過言ではありません

仮にMACDのクロスシグナルで売買するのであれば
トレンドが発生している(移動平均線が傾く)時で、
尚且つトレンドと同一方向のシグナルのみに
エントリーしていくのが効果的だと考えています

(下落トレンドの時は、ショートのクロス・サインのみトレード)

上図の赤○で囲った位置でも、
デイトレで利益を生むことは、もちろん可能だと思いますが
上記の値動き幅と分足チャートの相性は、あまりいいとは思えません

この赤○で囲った位置でデイトレをするなら
もっと短い分足チャートを使用する必要があるだろうし
何よりも高いトレードスキルが要求されてくるでしょう!

とにかく、こーゆー明らかにトレンドが発生していない時は
無理にエントリーしないのが賢明です^^

移動平均線の活用方法は十人十色だと思いますが
最も基本となるテクニカルなので、
勉強してみるのもいいかと思いますよ!

為替見習さんがベージュブックに関して分析しています!要check!
人気BlogRanking1位をcheck!


当ブログ限定!【最大8.5万円分の特典】が貰えます!
為替侍限定!スター為替タイアップ企画
◆詳しくは為替侍の過去レビューをcheck!

くりっく365No.1の人気業者!口座開設で最高3.1万円分キャッシュバック!

◆詳しくは為替侍の過去レビューをcheck!

ブッチギリのスワップポイントで大人気!スワップは業界No.1!
【フォーランドフォレックス】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/1550-17b8020d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。