テクニカル手法公開2!アーチ型トレンド攻略!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今回は昨日のコメントの続きとなります

昨日のコメントを読んでいない方は、
ぜひ昨日のコメントにも目を通してみてくださいね^^
http://kawase1214.blog27.fc2.com/blog-entry-2247.html

FXオンライン・ジャパンのチャートを使用しています

インターバンクディーラーの動向を知る方法はコチラ!

さて、上図は昨日と同様に、EUR/GBPの日足チャートです

このように、もみ合い相場から、もしくは緩やかなトレンド相場から
一気にレンジブレイクをすることは、よくあることです

例えば今年の夏~秋にかけて暴落したZAR/JPYも
このケースに当てはまると思います

こーゆー吹き上げ相場は、昨日コメントした
レジスタンス・ラインがサポートラインに変化して
高騰(下降)に拍車をかけるケースが、結構多かったりします

上図のEUR/GBPチャートの場合だと、オレンジ色のレジスタンスも
突き抜けているので、このオレンジ色・レジスタンスが
サポートに変化し、上昇が加速していくシナリオも考えられると思います

いわゆる、こーゆー形が連鎖的に重なってくると
アーチ型トレンド扇状のトレンド)が形成されてくるわけです

こーなれば、トレンドラインで分析しているテクニカル派・トレーダーは
押し目が上手く拾うことができず、利益を取りこぼしていくことに・・・。

今回、説明したチャートは日足ですが、
分足チャートを使用しているデイトレの場合でも、この理屈は同じです

ただし、「実践で使いこなすのは言葉で説明する以上に難しい!」
っていうのが、実際のところだとは思うんですが・・・。

私の場合も、トレンドラインを重視しているので
どうしても、高騰の波に上手く乗り切れないんですよね^^;

理屈はわかっているが、それが利益に繋がらない・・・。
それはなぜか?このあたりのコメントは次回ということで!お楽しみに^^

ブッチギリのスワップポイントでスワップ派に大人気!スワップはNo.1業者!
【フォーランドフォレックス】為替侍の過去レビューはこちら


【FX外国為替投資法】吉宗FXさんのレビューはこちら
【FX外国為替投資法】為替侍運営の旧ブログはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/1501-f9f78163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。