EURは大幅な下落へ!EUR/JPYは117円!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブプライム問題が勃発した2007年では
EURへの資金流入が加速し、急激なEUR高になったことは
記憶に新しいかと思います

そんなEURも、もはやどん底状態です!!

仏・ラガルド財務相は
「ECB(ユーロ)はFRB(米国)に比べて、より利下げを行う余地をがある」
ともコメントしています

次回の米・FOMC政策金利では利下げが予想されていますが、
米・政策金利は既に1.50%まで利下げをしており
今後利下げは限定的にならざるをえません

それに対して、EURは利下げモードに突入したばかりです。
また現在の政策金利3.75%というのを考えると
まだまだ利下げすることは可能です・・。

実際は、どう動いてくるのかは今後の状況次第って
異なってくると思うんですが、
ざっくりとした捉え方をすればユーロ・政策金利も
1%台という水準になってもおかしくはないと考えられます

ただし、EURは多くの国が加盟しているので
全体のバランスをみて決定するわけですが・・・^^;

20081024-02.gif
大暴落が続く中、スワップ、長期投資派はどうなっている?!
ブログ村為替ブログをcheck! 上手なスワップ派の保有ポジションは!
スワップ為替ブログをcheck! スワップ派は円高相場をどう乗り切るのか!

ちなみにユーロ加盟国の中でも
最も重視される国はドイツ・イタリア・フランス・スペインです

ユーロに加盟している15カ国で開かれるユーロの会合では
6人が出席し議論が交わされていますが、

この4カ国の財務相は毎回参加となっており、
のこりの2人は、残りのユーロ加盟国の財務相が参加することになります

まあ、極端な話、EURの政策金利は
この4カ国が主導権を握っているようなものですね!

応援クリックが励みになります!ワンクリックよろしくお願いします^^
人気BlogRanking1位をcheck! 円高の目処はどこまで続く!それは・・・。
人気BlogRanking2位をcheck! 欧州通貨が暴落!巻き戻しがxxx
人気BlogRanking23位をcheck! 月収2300万突破!凄腕トレーダー!!
人気BlogRanking28位をcheck! こ、これがロスカット!がんばれ!!

30万口座を誇る国内最大FX会社!全額信託保全完備!
 
【外為どっとコム】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/1360-5f4c1f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。