為替侍のFXブログ2014年02月

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2014/01123456789101112131415161718192021222324252627282014/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kawase_samurai

年18%の配当を謳ったプロ向けファンド2社に対して金融庁から警告書が出された。金融庁に登録してあるファンド会社であっても、必ずしも安心とは限らない。「FXの運用で高い利回りを保証しますよ」っていうファンド会社から勧誘があっても近寄らないのが無難。そもそも、相場の世界に絶対はない。
02-20 00:51

ソロス氏日本売りの噂。アベノミクスに飽きた投機筋「ヘッジファンドのジョージ・ソロス氏が日本株を売り仕掛けている」そんな噂が先週の海外市場では繰り返し話題になっている。(出所:日経新聞)
02-20 00:56

FX会社はユーザーの年間収支データを国税庁に提出する義務があるので、FXで儲かった人は確定申告を忘れずに。ちなみに数年前の話ですが、税務署の方いわく「FXで利益が出た方の納付率が極めて悪いので、かなり厳しくチェックしている」と言っておられました。
02-20 01:06


スポンサーサイト
kawase_samurai

昨年末11月に米国で上場したTwitter社は、12月下旬に74ドルまで上げていたが、その後は下落へ。目標株価を引き上げる金融機関もあれば、引き下げる金融機関もあるなど、市場予想も割れている状況。 http://t.co/d6GFl5xWrr
02-15 00:40

米保険大手AIGが2月13日発表した2013年10~12月期決算は、純利益が19億7800万ドル(約2,000億円)と、前年同期の赤字から黒字に転換。1株利益は1.34ドルで市場予想を上回った。AIG株で一撃必殺の爆益を狙う。 http://t.co/Tplry3cKF8
02-15 00:50

NISA口座は、あちこちのメディアで取り上げられているみたいだが、個人的には全く魅力を感じない。NISA口座は非課税というメリットもあるが、損益通算ができないというデメリットもある。無理して口座開設する必要もない。
02-15 01:15

NISA口座は一人一口座しか開設できないという制限がある。この制限を設ける意味が理解できない。非課税制度を利用して積極的に投資したい奴には、複数の証券会社でNISA口座を開設させて、積極的に投資させた方が株式市場の底上げになるだろ。激しいデイトレをするわけじゃないんだし。
02-15 01:27

「貯蓄から投資へ」のスローガンを現実化するなら、NISA口座は複数開設できるようにした方がいい。そうすれば、NISAに魅力を感じた金持ちは、あちこちの金融機関でNISAを複数開設してくるだろう。貯蓄派のマネーを大きくシフトチェンジさせる絶好の機会だと思うのだが。
02-15 01:43

NISA口座が複数開設できれば、非課税投資を最大限に活用しようと、あちこちの金融機関でNISA口座を開設しまくる。中には10口座とか20口座つくる奴も出てくる。これくらいの旨みを感じさせなければ、「貯蓄から投資へ」の流れは作れない。アベノミクスの成長戦略って何?派手にいこうよ!
02-15 01:54

2014年1月29日、ファンド会社「ソーシャルサポート」(東京都中央区)の宇城由次容疑者(58)ら3人を金融商品取引法違反容疑で逮捕した。逮捕容疑は国の登録を受けずに2010年9月?2012年5月に9県31人に金融商品「FXファンド3号」への出資を勧め、計3100万円を集めた。
02-15 09:11


kawase_samurai

ドル/円やユーロ円/円の日足チャートは直近の高値を超えられずに円高ドレンド継続中。スイング目線で考えるなら直近の高値を超えてこない間は、売り戦略を継続。 #fx
02-14 17:23

直近の高値を超えられないドル/円やユーロ/円の日足チャート。直近の高値を超えられない状況が続いている間は、トレード戦略もシンプル。問題は直近の高値を超えてきた時。この場合、トレンド転換・ダマシ・レンジ・P派動など様々なシナリオが考えられるので手を出さない。休むも相場。 #fx
02-14 17:27


新興国の通貨安をきっかけに世界各国で連鎖的に株価が下落しています。世界の株式市場では今、何が起こっているのでしょうか?

今回、ブラジルやトルコといった新興国の通貨が急落したのは、米国による量的緩和策縮小がきっかけとなっています。米国の中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)は、昨年末から量的緩和の縮小を開始しているのですが、これによって世界中にバラまかれたドル資金が米国に戻り始めており、その過程で新興国の通貨が売られ始めたのです。

そこに新興国の経済成長が鈍化するという予測も加わったことから、先行きを不安視した投資家が一斉に手仕舞いしたことで、各国の通貨が大きく下落する状況となりました。

20140204.png

結果的に米国や日本の株式も、一旦は投資を手控えようという投資家が増え、連鎖的に下落が進んでいるわけです。新興国から流出した資金の一部は日本円にも向かってきますから、円高が同時に進行することになります。

市場は基本的にその時点での経済状況を反映するとされていますが、必ずしもそうとは限りません。投資をするのは人間ですから、その行動には心理的な要素も大きく影響します。

大きな不安材料があったりすると、相場は一方向に進みやすいのです。しかし最終的に相場の状況を決めるのは経済ですから、今回の同時株安についても、冷静に世界の経済情勢を見据えた上で判断する必要があります。

リーマンショック以降の世界経済の流れを見てみると、基本的に先進国の経済が不調で、新興国がそれをカバーするという図式でした。しかし昨年あたりからその状況が大きく変化しています。米国経済の回復が顕著になっており、世界の投資資金は徐々に新興国から米国に向かい始めました。

一方で中国をはじめとする新興国は、これまでの無理な経済成長の歪みが出てきたことや、人件費の高騰が進んだことなどから、従来のような高度成長を持続するのが難しくなりつつあります。つまり世界経済の牽引役は、新興国から米国にシフトしているのです。

今後しばらくは、好調な米国経済が世界経済を牽引するものの、成長が鈍化する新興国がその足を引っ張り、全体としては緩やかな成長にとどまることが予測されています。現在はちょうどその転換期にあたるため、不安心理が高まり過剰に資金が動いてしまったという面が大きいのです。

新興国から米国へという資金の流れは、好調な米国経済を背景にしたものなので、それ自体は健全なものです。新興国にとっても、米国の成長が続けば最終的には恩恵を受けることになりますから、今回のショックもいずれ落ち着く可能性が高いと考えられます。

米国経済が好調であることは日本の輸出産業にとってもプラスです。日本株についても、過度に心配する必要はないと考えられます。ただ、日本経済の先行きについては今年から来年にかけて消費税増税の影響などによって大幅な成長鈍化が見込まれています。株価についてはあまり期待しない方が賢明でしょう。
(Yahoo Newsより抜粋)


為替侍のFXブログでは相互リンクを随時募集しています^^
相互リンク希望者はメールフォーム又はコメントへご連絡下さい。

相互リンクの条件として、誠に勝手ではございますが
3ヶ月以上継続している投資ブログのみに限らせていただきます。
(株式投資・CFD・投資信託のブログも相互リンク大歓迎)

貴サイトのトップページにリンクしていただける場合は
こちらもトップページへリンクさせていただきます。

また、3ヶ月間更新がないFXブログに関しては場合は
一旦リンクを解除させていただきますのでご了承下さい。


kawase_samurai

ここ20年でTVの世界も大きく変わってつまらなくなった。今、騒がれている「明日、ママがいない」の問題は象徴的な例だと思う。表現の自由すら許されない。20年前に高視聴率を記録した「家なき子」や「高校教師」も、今の時代だったら放送アウトだろうね。野島伸司の才能も、宝の持ち腐れ。
01-31 00:07

1月30日の日経平均株価は一時500円安を超える波乱の展開となった。今後は消費税増税が控えているので上値も重くなってきそうだが、日足チャートをみてみると堅調な上昇トレンドを維持している。 http://t.co/lGE3fV22Sd
01-31 00:18

最近の日経平均株価は上がったり下がったりでスカっとしない相場展開。でも、これが普通(通常)なんだ。2013年上半期のような急激な上昇を期待しちゃダメ。あれは、ほんとバブルみたいなもん。忘れたほうがいい。2014年は、踊らされずに冷静な目でトレード頑張れ!
01-31 00:23

バーナンキ氏がFRB議長として最後の日を迎える。2006年からFRBを率い、リーマン・ショックや欧州債務問題に対処してきたバーナンキ議長は1月31日で任期満了となり、2月1日からイエレン新FRB議長が率いる新体制に移行する。
01-31 19:28

いつになったらロト6がネット上で購入できるようになるのか・・・。
01-31 19:36

FX専業トレーダーが絶対に知っておきたい節税方法。それは「小規模企業共済への加入」。小規模企業共済とは、事業を廃業した時に備えて積み立てておく制度。この節税方法の最大の魅力は、掛け金が全額控除対象になること。掛け金は1,000円~70,000円/月の範囲内で選択可能。
01-31 20:11

FX専業トレーダーが絶対に知っておきたい節税方法。それは、「小規模企業共済」。トレーダーは毎月の収益が不安定なので、小規模企業共済は年末の一括納付がベスト。毎月決まった金額を納める必要はない。その年の確定利益に応じて支払額を決めればいい。詳しくは「小規模企業共済」で検索だ。
01-31 20:14



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。