為替侍のFXブログ2010年12月

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2010/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店頭取引FX会社
(2010/12現在)
商品名 通貨数 スプ
レッド
取引
単位
アイディーオー証券 マスターFX2 24 0.6-1.0 10,000
アイネット証券 i-NET TRADER 28 0.7-1.0 10,000
インヴァスト証券 FX24 10 0.8-1.8 10,000
上田ハーローFX 上田ハーローFX 20 1 10,000
エース交易 エースでねらえ!FX 32 1 10,000
外為オンライン 外為オンライン 24 固1 10,000
外為どっとコム 外貨ネクスト 12 固1 1,000
クリック証券 FXネオ 14 固0.8 10,000
小林洋行 ドルフィンFX 23 0.9 10,000
サイバーエージェントFX 外貨ex 10 0.8-1.8 1,000
サイバーエージェントFX C-NEX 13 0.2-0.8 200,000
サクソバンクFX証券 FX/FXオプション 150 2 1,000
サザインベストメント DealBook360 125 1 10,000
セブンインベスターズ MTFX 47 1 10,000
セントラル短資FX FXダイレクト 22 2 10,000
トレイダーズ証券 みんなのFX 16 0.6-0.8 1,000
ヒロセ通商 LION-FX 50 0-1 1,000
ひまわり証券 ひまわりFX 30 1 10,000
ひまわり証券 FX ZERO-CH 23 1-2 10,000
フォーランド フォレックス Foreland Online 17 2 10,000
フォレックス・トレード アプローズFX 14 0.8 10,000
フォレックス・ドットコム Meta Trader 44 0.4-1.5 1,000
フィリップファイナンシャルス
フィリップFX
23 1-2 10,000
マネックスFX 外貨deサポート 12 2 1,000
マネーパートナーズ パートナーズFX 10 2 10,000
楽天証券 楽天FX 13 1.9 10,000
AFT Trade Link 30 0.6 10,000
DMM.com証券 DMM FX 12 0.4- 10,000
FXOnline Japan Pure Deal 65 0.9 10,000
FXCMジャパン Trading Station 26 0.4 10,000
FXトレーディングシステムズ FXブロードネット 24 0.5 1,000
FXトレード・フィナンシャル 高速FX 38 0.7 10,000
FXプライム 選べる外貨 14 2 1,000
JFX MATRIX TRADER 30 0.6 10,000
MJ Spot Board 32 0.8 10,000
NTTスマートトレード スマートトレード 21 2 10,000
kakakuFX kakakuFX 150 2 1,000
GFT東京支店 Deal Book FX 126 1 10,000
ODL Japan ODL FX 26 0.8 10,000
121証券 121Trader 21 1 10,000
くりっく365 全業者一覧 2010/12更新
スワップ金利が高い業者FX業者 2008/05更新


店頭取引FX会社のFX会社一覧表を更新しました

こーやってドル/円のスプレッドを比較してみると
スプレッド1以下のFX会社はかなり増えてきていますね

その中でも、最も低スプレッドの魅力があるのは
サイバーエージェントFXのC-NEXです!

ただ、C-NEXの場合は最低取引枚数が20枚通貨単位なので
初心者トレーダーにとっては敷居が高いといえます

逆に普段からワンショット20万通貨単位以上でトレードしているのであれば
C-NEXはかなりお勧めの商品といえるでしょう!

小額トレーダーであれば、好みにもよると思いますが、
DMM FXやクリック証券あたりが個人的にはお勧めですね^^

スポンサーサイト
くりっく365取扱会社
(2010/12更新)
片道
手数料
キャンペーン期間中の片道手数料 USD
JPY
信託
保全
インヴァスト証券 105円 200枚まで無料 1











エース交易 210円 50円
岡三オンライン証券 73円 200枚まで無料
岡安商事 189円 -
外為どっとコム外為どっとコム 開始日未定
カネツFX 210円 -
クリック証券 150円 25円
コスモ証券 105円 -
小林洋行 105円 20枚まで無料
サイバーエージェントFXサイバーエージェントFX 150円 -
スター為替証券 157円 39円
住信SBIネット銀行 262円 -
大和証券 100円 25円
トレイダーズ証券 98円 -
野村ジョイ 150円 25円
ひろぎんウツミ屋証券 210円 -
みずほ証券 150円 25円
三田証券 210円 -
豊商事 525円 -
楽天銀行 189円 -
リテラ・クレア証券 210円 500枚まで無料
手数料無料のFX会社比較 2010/09更新 為替侍限定
タイアップ実施中!
スワップ金利が一番高いFX会社 2008/05更新
FX会社・口座数ランキング 2009/01更新


久しぶりにくりっく365の比較表を更新しました

最近、くりっく365業者では「○○枚まで手数料無料」
という感じのキャンペーンの内容が増えてきている傾向があります

なので、この手数料無料キャンペーンを渡り鳥のように
渡り歩いていけば、手数料は大幅に削減することは可能です!

手間はかかっても、その分のコスト削減は確実に効果があるので
ぜひ、キャンペーンのメリットを最大限に活かして下さいね!

また、くりっく365業者では取引手数料の値引きキャンペーンも
頻繁にやっているので、その時その時で手数料が安い業者を
チョイスしていくも大事ですね^^

スプレッドの狭さへのコダワリと同じ気持ちで
取引手数料の安さへもコダわって下さい

なぜなら、どちらも同じ取引コストであり収益に直結しますから^^

尚、現在、為替侍のブログではスター為替証券と限定タイアップ企画
実施しているので興味のある方はぜひ、特典内容を確認してみてくださいね

ちなみに、同キャンペーンで貰える新・チャートの鬼
一生涯使えるテクニカル分析のバイブルなので、評判も上々です^^


為替侍限定のタイアップキャンペーンを実施中!新・チャートの鬼は必見!

スター為替証券
【スター為替証券】為替侍の過去レビューはこちら

ご存知の方も多いかと思いますが、サイバーエージェントFX
3種類(外貨ex・C-NEX・くりっく365)のFXサービスを提供している大手FX会社です

この3種類のサービスの特徴を簡単に説明すると・・・。

外貨ex → 店頭取引FX、一般人向け口座、1,000通貨単位から取引できる。
C-NEX → 店頭取引FX、スプレッドは極狭、20万通貨単位から取引できる。
くりっく365 → 取引所取引、税制優遇が受けられる、1万通貨単位から取引できる。

各サービスの特徴はこんな感じだと思います

そして今回、ドル/円のスプレッドが0.8へ縮小されるそうです!(外貨ex)

サイバーエージェントFXのツールは発注機能がいい上に、
スプレッド縮小となればデイトレ派のニーズはさらに高まってくるでしょう!

デスクトップ サイモ
サイバーエージェントFX デスクトップ サイモ 20101229

サイバーエージェントFXといえばcymo(サイモ)という
トレードツールがあるんですが、コレが結構便利なんですよね^^

例えばデスクトップ上の片隅にガジェットタイプ
取引ツールを表示させることもできるので、
他社のチャートを見ながらトレードする方には重宝されます!(上図参照)

また、このcymoから経済指標の結果などを閲覧することも可能だし、
iPhoneを含めたモバイルツールも充実しているので
出先からトレードしたいという方にもお勧めです^^

尚、現在は最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているので
興味がある方はぜひ口座開設を検討してみてください

モバイル サイモ
サイバーエージェントFX モバイル サイモ 20101229

サイバーエージェントFX 外貨ex  サイバーエージェントFX C-NEX


今夜はEUR/USDのテクニカル分析についてコメントしたいと思います

最近はスペインなど重債務国への懸念が強まってきているので、
為替侍のトレード戦略もユーロ売りのスタンスを崩していません

EUR/USD 1時間足チャート 20101229

基本的にユーロのトレード戦略は売り目線で変更ありませんが、
EUR/USDの一時間足チャートは、下値がバラついているので
エントリーのタイミングがちょっと難しいかなって感じます

とりあえず現状の状態から、ユーロ売りを仕掛けていくのであれば、
そのトレード戦略は大きく分けて4パターンあると考えます

一つ目は、何も考えず、今の水準から成行ショート
二つ目は、反発上昇を待ってからの戻り売り
三つ目は、下値抜けのブレイクに対して突っ込み売り
四つ目は、下値抜けを確認してから戻り売りを狙う

一つ目の成行ショートは、リスクとリターンのバランスが
ほぼ同じくらいになってくるので、個人的には好みません

二つ目の戻り売りは、待ち時間こそ長くなりますが、
ハマれば大きなリターンが狙えるので、個人的には好きです

三つ目の突っ込み売りは、下値が揃っていないので
仕掛けどころがわかりません。論外です・・・。

四つ目の戻り売りは、下落トレンドの継続が確認できてから
ショートを仕掛けていくので個人的には好きです

つまり・・・コレらのトレード戦略を整理すると

上下、どちからに大きく動くようであれば
戻り売りでトレードチャンスを狙っていくが、
もみ合いが続いている間は手を出さないってことです^^


石川県で無職女性がFXソフトの販売で詐欺にあったみたいです
まずは読売新聞に掲載されていた内容からご覧ください



石川県警金沢西署は24日、金沢市、無職女性(60)が
「人気のあるFXソフトを買い取りたい」などともちかけられ、
現金684万円をだまし取られたと発表した。

発表によると、11月9日頃、女性方へFX取引に使う
パソコン用ソフト(1本76万円)の購入を呼びかける申込書が郵送され、
同24日頃、買い取り業者を名乗る男から
「貴重なソフトなので150万円で買い取りたい」と連絡があった。
女性は3回に分け計9本のソフトを購入したが、
12月20日頃に業者と連絡が取れなくなったという。
(2010年12月25日 読売新聞より一部抜粋)




たしか去年か一昨年にも同じような手口でIPO株の詐欺もありました

最近の詐欺は手口が巧妙になってきているので
一人暮らしの高齢者の方は特に注意が必要です

よく世間では「詐欺は騙す方も悪いが、騙される方も悪い」
なんて言われたりしますが、為替侍は
契約書に印鑑を使う風習にも問題があると考えています

正直、100円ショップで簡単に手に入る印鑑に
何の価値があるのかよくわからないし、
そんな玩具同然の道具が、なぜ契約に必要なのかも理解できません

基本的に売買などの契約を交わすときには
印鑑は一切使わずに、お互いの母印を使って契約を
交わすルールに変更した方がいいんじゃないかな?

とにかく相手の名刺・印鑑・社名などなど・・・
詐欺師であればココらへんの情報は全てデタラメです

だったら、販売員に痕跡を残させる意味でも
母印で契約するほうが抑止効果も期待できると思うんですが。


本日はいい感じの円高相場となっています

年内一杯は米国債の利回りが上昇基調を継続し、
ドル/円もジリジリと円高に進む展開が続きそうな雰囲気ですね

来年は今年以上に値動きが激しい展開になると思うので
為替差益を狙うトレーダーにとっては面白い一年になると思います^^

とりあえず・・・
今週に入ってからはトレードも控えめになっているので、
年末年始は読みかけの本を読み終わらせたいです
あと、撮り溜めしておいたTV番組も見ないとね^^;
とゆーわけで、今夜もトレード頑張ってください!


先週はユーロ圏の重債務国を対象とした格下げ報道が
相次いだため、ユーロ安が継続される展開になりました。

また、日米欧の主要6中銀がドルスワップ協定の延長を決めるなど、
金融不安を巡る懸念は払拭できない状況ではあるものの、
世界的な株高は継続されているという状況です。

【今週の重要指標】
12/27(月)08:50 日・日銀政策会合議事録
12/28(火)23:00 米・S&Pケースシラー住宅価格
12/28(火)24:00 米・消費者信頼感指数
12/30(木)22:30 米・新規失業保険申請件数
12/30(木)23:45 米・シカゴ購買部協会景気指数

今週は、S&Pケース・シラー住宅価格指数、消費者信頼感指数、
シカゴ購買部協会景気指数、新規失業保険申請件数などの
米国指標に加え、27日~29日に実施される総額990億ドルの
米国債入札などが材料視されそうです。

あと、豪州は中国を主要貿易相手国としているため、
先週末に発表された中国の利上げが、
豪経済に悪影響を及ぼす可能性があるのでココも要注意でしょう!

いずれにせよ、注目度の高い雇用統計などの重要イベントは
年明けの発表となるため、年内は新たな材料に欠けるとの見方が強く、
値動きも限定的になると思います。


週明けの為替相場はドル売り優勢です

どうやら、26日に米ウォールストリートジャーナル紙が
「政府資金の救済を受けた全米100行が破綻危機に瀕している」
と指摘したことが、ドル売りを誘発しているらしいです

まあ、この報道に信憑性があるかどうかはわかりませんが、
米国で実施された金融機関を対象とした
ストレステストの結果は信じない方が利口でしょうね
もちろん、欧州のストレステストも同様です

基本的に彼ら(政府や当局)は、大きなウソを平気でつく
癖があるので話半分で聞くのが丁度いいでしょう^^;

とりあえず、現状はEUR買いの展開となっていますが
コレといってEUR買いを後押しする材料も見当たらないことから
チャンスがあればオシレーター系のテクニカルを使って
戻り売りを仕掛けてみるのも面白そうです!


今回は2001年9月11日に米国で起きた
同時多発テロについてコメントしたいと思います

為替侍は当時、旅客機がツインタワーに突っ込んでいく
映像をみて、かなり衝撃的な印象を受けました

しかし、旅客機がビルに突っ込んだ後の
ビルが崩れ落ちていく姿には不自然さを感じずにはいられませんでした

なぜなら、為替侍がイメージしていたビルの倒壊・崩壊パターンは
二つあり、いずれの倒壊・崩壊パターンには当てはまらなかったからです

9・11当時多発テロによるツインタワー崩壊の謎_20101226

一つ目の倒壊・崩壊パターンイメージは、
航空機が突っ込んだ衝撃でビルが傾いてしまい、
その影響から一部の柱に負荷がかかり過ぎて
ビルが横倒れするイメージです

二つ目の倒壊・崩壊パターンイメージは、
航空機が突っ込んだ衝撃でビルが傾きてしまい
その影響から一部の柱に負荷がかかり過ぎて
そこを起点にビルが崩れ落ちていくイメージです

どちらの倒れ方をしたとしても回りの建物への損害は避けられません

しかし、実際のビル崩壊の映像をみると
ツインタワーはいずれも真っ直ぐ下へ倒壊しているんです

皆さんももう一度、よく考えてください

人為的な操作なしで、ビルがキレイに真下に倒壊することが、
物理的にありえると思いますか?

2階建ての一般家屋ではありませんよ?
400m級の超高層ビル(110階建て)のケースでです!

ビルが倒壊するということはビルを支えている柱が破損し、
そこからビル全体がバランスを崩れていくわけです

もし、真下に倒壊するのであれば、それは東西南北の柱が
順序よく、尚且つタイミングよく破損しなければなりません

仮に北の柱だけが無傷であれば、
ビルは南方向へバランスを崩し倒れていくわけです

という感じで、ビルの壊れ方に関しては疑問が残るものの
その疑問は所詮、一素人が感じる疑問でしかないため
当時の為替侍が感じた気持ちはココまででした

しかし!

やっぱりあの時、為替侍が感じた不自然さは
勘違いではなかったようです!!

なんと、YouTubeをみていたら、
この疑問の答えともいえるような映像を見つけたんです

【YouTube】 9.11 ミステリー1 911事件の謎
【YouTube】 9.11 ミステリー2 911事件の謎

もしかしたら、既にこの映像をご覧になった方もいるかと思いますが
見たことがない方はぜひ、みてほしいです

そして、その感想を聞かせてほしいです!

この同時多発テロは、アルカイダによる単独犯行なのか?
それとも組織的な犯行によるものなのか?
真相は闇の中へ・・・。


ギリシャショック以降、欧州財政不安が強まるなか、
国内の個人投資家によるユーロ買が膨らんでいるそうです

個人の動向を知ることができる東京金融取引所の
くりっく365では23日、「ユーロ買い・円売り」の持ち高が
11億7521万ユーロとなり過去最高となりました

ユーロ買いをする国内の個人投資家の狙いは、
下落するユーロ相場の将来の反発を見込んでいるというが、
果たして、本当にEUR/JPYが反発を起こしてくれるのか?

ユーロの見通しは、ハッキリ言って来年もかなり悪いです

悪材料が完全に出尽くしたと思われる付近で
底値狙いの逆張りっていうのであれば理解できるんです

しかし、ユーロの悪材料に出尽くし感は感じられず
まだまだ出てくるような気がするんですよね

スペインやポルトガルなどの財政懸念・・・
ECB政策金利の利下げなどなど

個人的には底値ロングを狙うのであれば、
100円割れをしてからじゃないと逆張りする気にもならないですよね^^;



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。