為替侍のFXブログ2010年11月

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2010/101234567891011121314151617181920212223242526272829302010/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近はFXは、ちょっと手が出しづらい展開が続いているため
トレード回数も少なめの状態が続いています

特にユーロ相場の時間足は、
テクニカル的にも仕掛けづらさを感じているので
数日スパンのトレードを考えているスイングトレーダーは
もう少し様子見した方がいいのかなって思います

とりあえず・・・、
現状をみてみるとユーロでトレードするよりも
ポンドでトレードした方が良さそうな感じですね

GBP/JPY 1時間足 20101130

上図はGBP/JPYの1時間足チャートです
注目すべきポイントは黄色ラインで記した130.80円のサポートラインです

ここのラインを、下へ抜けてくるようだと
ポンド売りが加速する可能性があるので、
見逃せないトレードポイントの一つだと思います

もちろん、このショート・エントリーのシナリオは
GBP/JPYの日足トレンドも重視しています^^


参考になったら応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

短資系FX会社なので信用力は◎!セントラル短資FX!

セントラル短資FX

デイトレ派にとって固定スプレッドは最大の魅力!クリック証券!

クリック証券


スポンサーサイト

日本の警察って何なんですかね??

メディアで報じられている市川海老蔵さんの傷害事件
映像をみていると、やたら警察が気合入れてるんですよね

少なくとも私の身の回り(地元)でおきた酔っ払いの傷害事件では
DNA鑑定したりとか、警察がココまで頑張るなんて話は聞いたことがありません

それが有名人となると警察が総動員で調査を始めるんです!

ちょっと、下記のリンク先のニュース動画をみてください!
傷害事件一つに対して「警察官を何人動員してんだよ!」って感じです^^;

【ニュース映像】 逮捕状の男、友人に電話「面倒くせえ」

草剛さんの全裸騒動の時もそうだけど、
警察官総動員で家宅捜査は正直、行き過ぎだと思います

普段はそこまで徹底して調査しないくせに
有名タレントの不祥事になると、国民の目を気にしているためか、
騒ぎ立てるメディアに流れてているのかわかりませんが
異常なほどの気合を入れて調査するんですよね^^;

こーゆーニュースを見るたびに、
「ちょっと警察の対応って不平等なんじゃないかな?」って
個人的にはいつも思うんですよね・・・。


先週の為替相場は、アイルランドの金融支援要請が好感され、
リスク通貨の買い戻しからスタートしましたが、
同国の政局不透明感や重債務国への波及懸念から
再びリスク回避姿勢が強まりユーロが売られる展開となりました。

また、先週はスペインへの危機波及阻止のため、「過半のユーロ圏諸国と
ECBがポルトガルに支援要請の圧力を掛けている」との報道から、
市場に動揺が広がりユーロ売りを助長する格好となっています。
いずれにしてもユーロ圏への不透明感は否めないことから
今後もユーロはリスク通貨としてセンチメントな展開が続くと考えます。

【今週の重要指標】
12/01(水)09:30 豪・GDP
12/01(水)22:15 米・ADP雇用統計
12/01(水)24:00 米・ISM製造業景況指数
12/01(水)28:00 米・ベージュ・ブック
12/02(水)21:45 ユーロ・ECB政策金利 (予想)1.00% (前回)1.00%
12/02(水)22:30 ユーロ・トリシェECB総裁記者会見
12/03(金)21:00 加・雇用統計
12/03(金)22:30 米・雇用統計
12/03(金)24:00 米・ISM非製造業景況指数

今週は、米・雇用統計などの発表が目白押しとなるほか、
バーナンキFRB議長など金融当局者の
講演が相次ぐ予定となっていることから、
量的緩和第2弾の今後の展開に注目が集まってくると思います。

米・雇用統計に関しては前回の好結果に続き、今回も14.5万人
好結果が予想されているので、市場の期待感が高まっている反面、
期待を裏切れば失望売りへと繋がっていくので楽観視は禁物でしょう。

あと、北朝鮮の砲弾問題に揺れる朝鮮半島情勢が緊迫しているので
リスクイベントとして気にしておきたい材料だと思います
それでは今週も張り切っていきましょう!


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

大手FX会社サイバーエージェントFXもくりっく365へ参入!

サイバーエージェントFXのくりっく365


インヴァスト証券のくりっく365は、200枚まで手数料無料!

インヴァスト証券_くりっく365


米国では年末商戦に向けたインターネット通販の売れ行きが好調で
景気に明るい兆しがみえているそうです

もちろん、年末商戦の売れ行きというデータ(調査)は
政府が発表する公式な経済指標ではありませんが
個人消費を探る総決算指標として、個人的には注目しているイベントです

というのも、米国人にとってクリスマスというイベントは特別な日で、
日本人が考えているクリスマスの価値観とは大きく異なります

欧米の多くの国々ではクリスマスを祝日にしているし、
しかも、クリスマスの翌日はボクシング・デーといって
クリスマスも仕事をしなければならなかった人達のために
もう一日、祝日が用意されているんです

【過去記事】 ボクシング・デーとは

もともと、米国人の買い物好きな国民性が
世界経済を支えられてきたことを考えれば
このクリスマスシーズンにどれだけ米国人の個人消費が
伸びるのかは非常に重要だと考えているわけです

よーするに世界経済が回復するためには
米国の個人消費が伸びることは絶対に欠かせないってことですね^^


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

くりっく365にiPhone対応ツールが新登場!岡三オンライン証券!

岡三オンライン証券
【岡三オンライン証券】為替侍の過去レビューはこちら

スプレッド0.5は体験しなきゃ損!5,000円のキャッシュバック!DMM FX!

DMM.com証券
【DMM.com証券】為替侍の過去レビューはこちら


北朝鮮軍が韓国領を砲撃した問題で
地政学リスクが高まっている状況の中、
日経平均株価への影響は限定的で1万円台をキープしています

もちろん北朝鮮の砲撃問題だけが理由ではありませんが、
逆にNYダウは軟調な推移となっていることから
日経平均株価とNYダウは見事な逆相関となっています

日経平均株価とNYダウの相関性 20101128

一般的な考え方としてはNYダウの影響が、
翌日の日経平均株価に強い影響を及ぼすことが多いので
このことを踏まえてトレード戦略を組み立ててみるのも面白いと思います

それに、日経225でトレードしているトレーダーは
少なからずとも前日(前夜)のNYダウの値動きを重視しているはずですから。

じゃあ、実際に「株価指数でトレードしよう」って考えた場合、
お勧めできる投資商品はレバレッジが掛けられるCFDでしょう!

今のところ、「くりっく株365」はNYダウが取引できないので論外ですが、
株価指数を取り扱っているCFD会社は多くあるので
色々と検討してみるのもいいかもしれません

ちなみに多くのCFDトレーダーに支持されているCFD取引業者は
DMM.com証券FX Online Japanなので、
CFD初心者はここらへんに口座開設しておくのが無難だと思います^^


参考になったら応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

人気絶好調のDMM.com証券!株価指数や原油・金・銀などが取引可能!
DMM.com証券

7,000銘柄が取引可能!世界各国の株価指数はもちろん取引可能!
FX Online Japan

サクソバンクFXがついにCFDへ参入!株価指数&商品先物が充実!
サクソバンクFX


最近の為替相場は、欧州の信用不安や朝鮮半島の
緊迫化などの不透明感からドルが買われている状況です

この世界情勢が今後も続きそうならば、トレード戦略も
ドル買いユーロ売りというスタンスで構わないと思うんですが、
北朝鮮の問題にしても、アイルランドの問題にしても
緊張感が和らいでいるイメージは否めません

ユーロ/ドル 日足 20101127

なので、このままユーロ売りが継続されるのか
どうかは非常に判断に悩むとことです

しかもテクニカル的にみても、現状のプライスは
押し目買いが入りやすいポイントなので
ココからのユーロ売りは正直仕掛けにくいですし^^;

正直、方向感の判断が難しい今のプライスからの
突っ込み売り というのは全く考えていませんね
どちらかといえば突っ込み買いで仕掛けたい状況かな・・・。


参考になったら応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

デイトレ派に大人気のFX会社!外為オンライン!

外為オンライン
【外為オンライン】為替侍の過去レビューはこちら

FXプライムはジャスダック上場企業!信用力と強靭なサーバーが魅力!

FXプライム
【FXプライム】為替侍の過去レビューはこちら


先週末は、ちょっと暇な時間ができたので
超カンタン一点突破FX[アメリカ最強の理論を極める]
という新作のFX書籍を読んでみました

このFX書籍はロブ・ブッカー氏とブラッドリー・フリード氏が
考案したNYボックスという手法について書かれています

ちなみにNYボックス手法に関しては前作で紹介されているため、
今回の超カンタン一点突破FX[アメリカ最強の理論を極める]
では、さらに各トレーダーがアレンジした
応用的なNYボックス手法なども紹介されています

超カンタン一点突破FX[アメリカ最強の理論を極める]

NYボックスという手法の詳しい内容は
ココで晒してしまうことはできませんが
簡単に言うと高値と安値がキーポイントとなってきます

実は・・・、ピッタリ同じというわけではありませんが
為替侍が2005年に専業トレーダーになった時に
使っていた手法と結構似ているんですよね^^;

ただ、資金管理の方法に関しては当時の為替侍よりも
同書で紹介されている方が断然優れていると思うし、
実際に今の為替侍が使っている資金管理も
同書で紹介されている方法と同じです

また、レバレッジというのは使い方を間違えると
相場からの退場に直結してしまうため、この資金管理方法は
絶対に覚えておきたいポイントだと個人的には思います!

あと、超カンタン一点突破FX[アメリカ最強の理論を極める]
を買うと、期間限定でNYボックスのインジゲータ(MT4用)が無料で
貰えるので購入された方は忘れずにダウンロードしてくださいね^^


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派


為替侍はブログの更新をほぼ毎日、一日2回行っているので
ブログに書く記事ネタに困ることはよくあることです^^;

ブログの記事ネタに困った時はネットサーフィンで
興味深い記事を探し、その記事ネタに対して
自分の考え方を加えたりしてしていますわけですが。

そして、今夜もトレードの方はエントリーできずに
待ちぼうけの状態が続き、ネットサーフィンをしていたら
興味深い記事を見つけたので、今回はその記事を
ご紹介したいと思います(手抜きですみません・・・。)

とりあえず、記事が長いのでココの記事から読んでみてください

この記事ではファンドトレーダーの利食いに関する考え方が書かれており、
ポジションの買い増しをする積極性にビックリさせられました

まあ、ファンドトレーダーが含み益の状態から
さらに買い増してくるトレード戦略というのは以前から知っていたんですが、
ココまでメリハリを利かせていることは予想外でした

とにかくファンドトレーダーの特徴ととしては
入り口では極力リスクをとらずに、含み益が出ている有利な
局面を狙ってポジションサイズを大胆に膨らませてくるところです

この記事が興味深いと感じた人は彼のFX書籍が発売させているので
その本を読んでみることをお勧めします^^


参考になったら応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

短資系FX会社なので信用力は◎!セントラル短資FX!

セントラル短資FX

デイトレ派にとって固定スプレッドは最大の魅力!クリック証券!

クリック証券


2010年の税制改正に盛り込まれた新たな投資税制に、
証券業界からブーイングの嵐が巻き起こっているようです!

株式の売買で得た利益や配当金に課される税率が
2012年1月から原則の20%(今は10%)に戻されることになったわけですが・・・。

その代わりに「投資の裾野を広げる」目的で導入されることになったのが、
年間100万円までの株式や投資信託が対象となる少額投資非課税制度です

つまり、小額投資で得られる売買利益や配当金が非課税になるというものです

小額トレーダーにとっては喜ばしい税制改革と思いきや・・・
その中身をみると完全な欠陥なんです!

まず、非課税対象となる100万円の枠内で投資していたとしても、
途中で別の銘柄に買い替えた場合は非課税対象外となるそうです

「はあ??」

買うのはいいけど、反対売買(売却)は許さないってか?
ちょっと理解に苦しむ税制ルールですね・・・。

しかも、この非課税となる口座は毎年1口座ずつ増やすことができ、
最大で3口座(計300万円)まで拡大できるそうです

「はあ??」

1口座で300万円上限じゃダメなのか?
なんで、わざわざ3口座も開設しなきゃいけないのよ^^;

さらに、この非課税優遇は3年間の時限的処置だそうです

「はあ??」

こんな3年間だけの処置のために、投資家に口座開設の手間掛けさせ、
証券会社も新しいシステムを開発しなきゃいけないのか・・・。

業界関係者いわく、このシステムを開発するには2億円以上はかかるといい
そのシステム開発費が回収できるかどうかも不透明な状況だそうです

まじでお国の考えていることはサッパリ理解できませんね

投資の視野を広げたいって本気で考えるのであれば、
投資家に喜ばれることが大前提です!

それなのに投資家に喜ばれない税制ルールを作ろうとしているなんて・・・。
ほんと、彼らの目は節穴ですね^^;


今、最も勢いのあるFX業者といえばDMM.com証券でしょう!

FX業界に新規参入してからわずか2年で業界トップクラスに
成長したその原動力は、間違いなく「低スプレッド」だといえます

しかも、DMM.com証券自身が「我々の魅力はスプレッドにある!」と
言わんばかりに、スプレッドキャンペーンが非常に多いんですよね

DMM FX スプレッド半額キャンペーン

とりあえず上図のスプレッド一覧表を見てください!
ポンド/円が固定スプレッド1.1銭って凄すぎでしょ(笑

このド派手なスプレッドキャンペーンは12月3日で終了するので
今から口座開設を申し込んでも、数日程度しか同キャンペーンの
旨味を体験することができないと思います

しかし!

DMM.com証券は冒頭にも書いたように
スプレッドキャンペーンを頻繁に実施するFX業者なので
今後のキャンペーンに備え、ココは口座開設しておきましょう!


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

スプレッド0.5は体験しなきゃ損!5,000円のキャッシュバック!DMM FX!

DMM.com証券



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。