為替侍のFXブログ2010年03月

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2010/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜、発表された米・消費者信頼感指数は
指標発表前に「大幅な高結果になるのでは?」
という噂が流れたため、サプライズとはなりませんでしたが、
その後はジワジワとドルが買われてきています

ついに93円台へ突入し、次なる注目ポイントは
直近高値の93.80円でしょうね

下図のチャートはフォレックス・ドットコムのMT4を使用しています。
フォレックス・ドットコムは1,000通貨単位のトレードが可能なので初心者にもお薦め!



上図の日足チャートをみてみると
目先はドル買いでも中長期的にみれば
ドル売りという流れには変わりありません

ただ、先ほども言いましたが93.80円を超えてくるようだと
このトレード戦略は一旦ニュートラルにしなければならないでしょう

まあ、米国経済はユーロ圏や英国と比較しても
経済の回復具合はいいのは明らかです
事実、ドルストレート通貨ではドルが強いですしね
スポンサーサイト
今回の記事ではトレードメッセンジャー
シグナルプロバイダー・makori氏
トレードスタイルを分析してみたいと思います。
但し、あくまで個人的な見解なので、その点だけはご理解下さい。

makori氏は2009年11月~翌2月までのランキングで
6位に入賞したシグナルプロバイダー(以下SP)ですが
いったいどんなトレードスタイルなのでしょうか?

20100331-02.png

まずmakori氏の運用推移グラフをみてみると
最近は利益が伸びずに苦戦しているようですが
プラス圏で推移しているので堅実なトレードスタイルのようです

ただ、makori氏の取引履歴をみてみると
6日間保有したスイングトレードの利益もあれば、
6分間保有の超短期トレードの利益もあるようです。

為替侍は当ブログで多くのSP分析をしてきましたが、
これほどトレードスタイルが読めないSPも珍しいです(笑

考えられるところでは「完全裁量のトレードスタイル」か
もしくは「複数のトレード手法を採用」しているかのいずれかでしょう

ちなみに前回のコメントで紹介したyukasan氏のような
トレード手法の変更というのは考えにくいです
なぜならトレード手法が変更された場合は、
運用推移グラフや取引履歴をみればその痕跡は残ってますから。

そー考えると、今後もどんなスタイルのトレードをしてくるのか
予測できない怖さが残るというのが正直な気持ちですね。

makori氏の運用成績は十分評価できますが、
トレードスタイルがみえないことを考えれば、
SPとしては利用しずらいというのが本音です・・・。

ということでmakori氏に対する為替侍の評価は
「お薦めできない」と辛口評価にしたいと思います

応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派 スイング派 デイトレ派

為替侍のシグナルプロバイダー分析をもっと読みたい方はTMビレッジへ!
トレードメッセンジャー・ビレッジ

自動売買ツール・トレードメッセンジャーは大好評!サザインベストメント!
サザインベストメント
【サザインベストメント】為替侍の過去レビューはこちら
3月末はリパトリエーションの影響なのか
先週の円安ムードの流れも続かず足踏み状態となっています。

過去の記事でも簡単な検証を行ってますが
リパトリエーションが起こる時期は
円高になりやすいというという表現よりは
円安になりにくいという表現の方が適切でしょう(多分・・・)

【過去記事】 リパトリエーションとは
【過去記事】 リパトリエーションを検証!本当に円高になるのか!
【過去記事】 非農業雇用者数とは
【過去記事】 失業率とは

さて、今週末には米・雇用統計が控えているので
ココはかなり重要なポイントとなりそうです
しかも今回は寒波の影響などから予想値が+19万人と
かなり大きな予想値となっています!

4/2 (金) 21:30 非農業雇用者数 (予想)19.0万人 (前回)-3.6万人
4/2 (金) 21:30 失業率 (予想)9.7% (前回)9.7%

20100305-01.png

一般的に非農業雇用者数における好景気の目安は
+10万人とも言われているのに対し、今回は+19万人です!
また、市場関係者の中にはこの予想値の2倍はいくんじゃないか?
という憶測まで飛び交っているような状況でもあります

雇用統計の見方はいつも説明していますが予想は全くアテになりません
とにかくブレが大きいのが非農業雇用者数の特徴です

予想を大きく上回りドル買いブレイクもありえるし、
予想を大きく下回ってドル売りブレイクもありえます
どっちにしても今回の米・雇用統計は
いつも以上に大荒れになるんじゃないかなっていうのが個人的な見解です^^
参考になったら応援クリックもよろしくお願いします!
リパトリエーションとは
本国への資金還流のことです。

市場環境に大きな不透明要素が生まれた場合や、
資産の目減りなどにより、
海外に保有している資産を引き揚げることをいいます。

日本の場合、毎年決算前の1月~2月になると、
このリパトリエーションの動向が話題となります。

日本の機関投資家が保有する海外資産は米ドル建て資産が多く、
本国送還させる際に、ドル売り・円買いが生じるため、 円高要因となります。

ポンド円スプレッド 3 は脅威的!手数料無料で1000通貨単位トレード可能!

【ヒロセ通商】為替侍の過去レビューはこちら
足利事件の冤罪無実の菅谷さんに対して
数千万円の保証金が支払われるそうですが、
その保証金は税金から支払われることになるでしょう

ということは、誤審のケツは国民が拭くってことなのか?

決して菅谷さんに手厚い保証金が支払われることに
反対しているわけではありません
その保証金の出所に納得がいかないんです

保証金を払うのは国民ではなく、担当官をはじめ
その事件に関わった公務員から支払われるべきだ!

彼らの退職金の一部、そして給与の一部をあわせれば
それなりの金額にはなるはずです
それでも足りないのであれば税金で支払うのもいいでしょう

まずは担当官から謝罪の気持ちを形にすべきです
当時の担当官は謝罪の意思は全くなく黙秘状態、
また実名も公表されない・・・。

無罪が決定したことは良かったことですが
担当官の姿勢は全く評価できません
先週末はEU首脳会議でギリシャ支援が合意されたため、
欧州通貨に対しドル売りの展開となりました。

また、ドル/円は揉み合い相場から円安方向へ抜け出し
新たなトレンドを形成しそうな勢いですが、
3月末はリパトリの影響から円高になりやすい季節とも
言われているので慎重に見極めたいところです。

【今週の重要指標】
03/30(火)23:00 米・消費者信頼感指数
03/31(水)09:30 豪・小売売上高
03/31(水)18:00 ユーロ・消費者物価指数
03/31(水)21:15 米・ADP雇用統計
04/01(木)08:50 日・日銀短観
04/01(木)23:00 米・ISM製造業景況指数
04/02(金)21:30 米・雇用統計

さて、今週の注目指標は米・雇用統計です。
米・非農業部門雇用者数については2月に寒波の影響
受けたことから、3月は反動増が予想されています。

一部の市場関係者の中には予想よりも倍増すると囁かれているので
サプライズを引き起こす可能性があるかもしれません。
もしも大幅増となった場合は、ドルが一気に買われる展開に
なると思うのでココは見逃せないポイントとなりますです!

また、ギリシャ信用懸念が収束しつつありますが、
ユーロ下落というシナリオは常に意識しながらトレードしていきたいです。
それでは今週も気合を入れてトレードがんばっていきましょう!
今週は大きな窓明けからのスタートとなっため
朝からPCに張り付いてトレード漬け状態です^^;

まずは窓埋めの動きを狙ったショートからエントリーし、
押し目買いに戻り売りと普段よりアクティブに
トレードを繰り返しています

下図のチャートはフォレックス・ドットコムのMT4を使用しています。
フォレックス・ドットコムは1,000通貨単位のトレードが可能なので初心者にもお薦め!

20100329-02.png

常に利大を狙ったエントリーをしているんですが
相場自体の方向性が定まってくれないため
大きな利益を掴むことができずに早期撤退の繰り返しです
ここらへんはまさに忍耐力との戦いですね

でも、そんな状況でもトータルでは若干プラスで
踏ん張っているので、まあギリギリ納得できる範囲ですかね

ちなみに為替侍のデイトレは損ギリが非常に早いので
一日で大きな怪我を負うことは、まずありません
その分、派手さもなくなっていますが(笑

為替侍もなんだかんだでFXを始めてから
今年で6年目を迎えますが、年々安定性ををこだわる
トレードスタイルに変化してきています
そのため、ポンド/円を触ることも急激に減ってますねぇ
優秀なファンドマネージャーが手にする収入は桁違いで
ヘッジファンド業界で最も稼いでいるのはジェームズ・シモンズで、
その年収は2500億円とも言われています

【過去記事】最も稼ぐヘッジファンド・マネージャー・ベスト10!

ちなみにスポーツ界で最も稼いでいた全盛期のミハエル・シューマッハ(F1)や
タイガー・ウッズ(ゴルフ)でさえも年収90~100億円なので
シモンズの年収は尋常ではありません

ヘッジファンド業界では超有名なシモンズ氏ですが
日本では全く聞いたことがないんですよね
国内での知名度はかなり低いと思います

これだけの大物ファンドマネージャーであれば、
何かしらの形で彼の名前を耳にしていてもおかしくなさそうだが・・・。

シモンズという男は、表舞台に出ることを好まない性格で
もちろんソロス氏のように政治や経済に
首を突っ込むようなことをしないことが関係しているのかもしれませんね
今週はドル/円に力強さを感じる一週間でしたね!
やっぱり日本人にとってドル/円が一番身近な通貨ペアだし、
ドル/円の潮目が変わると相場全体の潮目が変わったのかと
錯覚さえ感じたりもします

たしかにドル/円は久しぶりに力強い円安展開となったが
為替相場全体を考えれば資源国通貨高&欧州通貨安の構図は全くブレていません
なので、来週のトレード戦略もユーロ売り中心で変わらずです^^

下図のチャートはフォレックス・ドットコムのMT4を使用しています。
フォレックス・ドットコムは1,000通貨単位のトレードが可能なので初心者にもお薦め!



上図はドル/円の日足です
年末年始くらいの時期は赤トレンドラインを意識する展開でしたが
ダマシとも受け取れる上抜けを繰り返してきたため
トレンドラインの引きなおし作業が繰り返されています

ただ、注目したいのは直近高値を上回っていないので
基本的には売り目線でドル/円は考えています
重要なポイントになるのは黄色点で記した93.80円を
超えられるかどうかでしょう!
先日は米国株や米長期金利の上昇を受け、
ドル/円は92.95円まで上昇しました!

ドル/円は90円付近の揉み合いからブレイクしてきたので
ドル買いの流れがこのままトレンドに乗って
継続されるかに注目していきたい局面です。

下図のチャートはフォレックス・ドットコムのMT4を使用しています。
フォレックス・ドットコムは1,000通貨単位のトレードが可能なので初心者にもお薦め!

ユーロ/ドル_20100326

本日の欧州・NY時間には注目される指標が控えていませんが
EU首脳会議が本日まで開催されているのでココに注目したいです
ユーロ圏はギリシャやポルトガルの財政問題から緊張感が高まっているので
主要人の突発的な発言や株価の動向も注視し、
トレードのタイミングを見極めていきたいです

トレード戦略としてはユーロ/ドルがキレイな下落トレンドを
描いているので、同通貨ペアを戻り売りで仕掛けていきたいですね
尚、トレードは自己責任でよろしくお願いします
参考になったと感じてくれたら、応援クリックもよろしくお願いしますね^^

応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。