為替侍のFXブログ2009年12月

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2009/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の相場はちょっとドル売り優勢の展開となりつつあるように感じます

ユーロ、豪ドル、スイスフランなど多くの主要通貨は
ドルに対して大きく買われていますが、
ポンドだけはこの流れに乗れずあまり上昇できていません

ポンドだけが上昇できない理由としては
「英国は財務状況が悪く、イタリアよりもリスクが高い」
と報じれたことが、嫌気材料として意識されているようです

20091231-AUD/USD 30分足

ちなみに為替侍は朝一でユーロ/ドルの戻り売りを
エントリーしましたが、あっさりとストップに引っ掛かり
今年最後となるトレードは-15pipsという結果に終わりました

まだトレードのチャンスはあるかもしれませんが
本日は色々とやることも多いし無理にエントリーしません^^
やっぱり大晦日は大晦日らしいことをしたいですからね!

来年もよろしく!
応援クリックもよろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

スプレッドは 0pips~!15,000円のキャッシュバック!DMM FX!
DMM.com証券
スポンサーサイト
今夜は何となくチャートは広げているものの
トレードする予定はありません
今年のトレードは全て終了です

やっぱり大晦日は大晦日らしい
過ごし方でまったりしたいですからね^^

っとゆーわけで、
本年は当ブログにお越しいただき大変ありがとうございました

来年もブログ運営をがんばっていきたいと
思っていますので応援よろしくお願いします

それでは、今からお出かけしますので、また来年お会いしましょう!
2010年は皆さんにとって素晴らしい一年でありますように

                         2009.12.31 為替侍

今年最後の応援クリックよろしくお願いします
スワップ派  スイング派  デイトレ派

symoを使うと新規発注後、自動的に決済画面へ切り替わる!高速デイトレ可

【サイバーエージェントFX】為替侍の過去レビューはこちら
今週に入ってからは、年末ということもあり
地味な相場展開が続いていたんですが
先日のNY時間からは活発に動き出しましたね

またドル/円は揉み合う展開から92円を突破してきました!
久しぶりに、トレードが面白い展開になってきたように感じます

っていうか、昨日はユーロは押し目買いとコメントしておきながら
今日はユーロは戻り売りとコメントすることに疑問を感じた人も
いるかもしれません

そもそも、相場っていうのは常に動いているものである以上、
戦略の変更は柔軟に行う必要があります

もっとスバリと言ってしまえば、
FXは上がるか下がるかを予想的中率で利益を狙うわけではありません
利益を狙うために重要なのはボラティリティです

20091230-ユーロ/ドル 5分足

為替侍のトレード戦略としては、年末という時期を考え、
あまり長いスパンでのトレードは考えていません

とにかく、いつも以上にデイトレに徹する構えであり
さくあくなケースでも31日中には決済できるような
トレードを考えています
なので、チェックしている時間足も5分足や10分足がメインです

ここぞ!という局面以外ではエントリーをする気がないので
今週はほとんどトレードできていない状態ですが
それはそれで問題はありません^^

なるほどと思ってくれたら、
応援クリックもよろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派
クリック証券×為替侍限定タイアップ企画実施中!
ポンド/円の固定スプレッド2.4は魅力的!完全信託保全!
k-samurai234x60.gif
【クリック証券】為替侍の過去レビューはこちら

北米で最も信頼されるカリスマFXコーチと活躍し、
その知名度は日本でも高いロブ・ロッカー氏が
12月にFX書籍「超カンタン アメリカ最強のFX理論」を発売されました

為替侍はロブ・ロッカー氏がどんなトレード手法なのか、
以前から興味があったので、早速、読んでみました

同書はFXの基礎知識に関する記事は一切なく、
ほとんどがテクニカルに関する内容になっていますね

なのでテクニカル関連の書籍を読みたい方は
年末年始の連休で読んでみるものいいかもしれません





雑誌の取材などを受けていると
「お勧めのFX書籍は何ですか?」ってよく質問されます

この質問に対して為替侍は決まって
気になる書籍があったら片っ端から読破することをお勧めしています

というのも、FX書籍というのは
これを読めば絶対勝てるというものは皆無なんです

でも、本を読むことでトレードに対する考え方の視野が広がったり、
新しいトレード手法がひらめくキッカケに繋がったりもします

なので、これを読んだ方がいいと特定はせずに
たくさん本を読むことをお勧めしています

購入するのは一冊に絞り込む必要なんてありません^^

もし予算的に厳しいのであれば、
Amazonの中古本を買うのもいいでしょう

為替侍も経済や為替の知識を勉強した時は
Amazonで100円くらいの書籍を買い漁りましたし^^;

なるほど!と感じてくれたら、応援クリックもよろしくお願いしますね^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派
今春、FX業界に彗星のごとく現れたフォレックス・トレードが、
デイトレ派を中心に順調にシェアを伸ばしてきています

2009年はFX事業から撤退する企業が多い年でしたが、
そんな中、FX事業をスタートさせ順調にシェアを拡大する背景には
それなりの魅力がなければ成し得ません

フォレックス・トレードの最大の魅力は
何といっても、業界トップクラスの固定スプレッドでしょう!

やっぱりドル/円の固定スプレッド0.8
ポンド/円の固定スプレッド2.8は見逃せませんよね^^

私がFXをスタートさせた数年前は
ドル/円のスプレッドは3~5でしたからね
しかも取引手数料が発生するのが当たり前!

まあ、フォレックス・トレードのスプレッドと過去のスプレッドを
比較するのはナンセンスだと思うし、意味のないことなんですが、
スプレッドの話になると、どうしても過去を懐かしみたくなるんですよね^^;
もちろん話が反れているのは、百も承知でございます(笑

ただ、今と過去を比較すれば、今はデイトレに適した環境が揃っているわけだし
そのメリットは十分に活用するべきだとは思います

20091229-フォレックストレード_iPhone

あと、フォレックス・トレードの人気の秘密は
低スプレッドだけではなく、使いやすさを重視したツールにもあるようです

特にiPhone用高機能アプリ「iPalmo」
モバイルトレーダーの中で人気が高く
FXのiPhoneツールとしてはNo.1の評価を得ています

為替侍は機能性の面からモバイルトレードをいうのは敬遠してきたんですが、
今のモバイルツールは注文も出しやすいし、チャートもしっかりしていますね

低スプレッドのFX会社に興味がある方は
デモ口座も用意されているのでフォレックス・トレードも試してみてくださいな

20091229-フォレックストレード

【フォレックストレード取引概要】
サービス名:アプローズFX
取引単位:1万通貨単位
取扱通貨ペア数:14通貨ペア
スプレッド:ドル/円=0.8、ユーロ/円=1.8、ポンド/円=2.8など
初回最低入金額:指定なし
取引手数料:0円
注文方法:成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCO、トレール決済注文
信託保全:○(三井住友銀行にて完全信託保全
モバイル取引:○(docomo、au、SoftBank、iPhone対応
クイック入金:○
自己資本規制比率:508%(2009年9月現在)

ドル/円のスプレッドは固定で0.8!ポンド/円のスプレッドは固定で2.8!
フォレックス・トレード
【フォレックス・トレード】為替侍の過去レビューはこちら

皆さんの応援クリックがモチベーションの源です
もしご迷惑でなければ一日一回のクリック応援よろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派
さて、本日のドル/円は完全な揉み合い相場なので
エントリーチャンスはなさそうな気配ですね

ドル/円の動き出しを待つくらいなら
他の通貨ペアでトレードした方が賢明ですね

とりあえず本日はユーロが買われているので
トレード戦略としてはユーロ買いがお勧めです

また昨日の注目ポイントとして紹介したユーロ/ドルの
レジスタンスラインも突破しているのもユーロ買いの材料です^^

20091229-05.png

なるほどと感じてくれたら
応援クリックもよろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

ジャスダック上場企業!信用力と強靭なサーバーが魅力!
 
【FXプライム】為替侍の過去レビューはこちら
最近のドル/円は11月下旬に記録した最安値(84.80円)から
急激な反発上昇をみせ、91.50円(28日現在)まで回復しています

短期トレードであれば、この上昇トレンドを意識しながら
トレードをしていきたいと考えていますが、
国内の輸出企業にとっては28日が実施的に今年最後
営業日となるためドル/円の上値は重くなりそうです

20091228-ドル/円 4時間足

【今週の重要指標】
12/29(火)24:00 消費者信頼感指数
12/30(水)23:45 シカゴ購買部協会景気指数

また、市場参加者が少ない年末年始という時期を考えれば、
無理にトレードする必要もないと思うし、
たまにはFXから離れてリフレッシュすることも大切でしょう^^

なるほどと感じてくれたら
応援クリックもよろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

抜群の約定能力!指標狙いのトレーダー必見!ひまわり証券!
FX
本日の押収時間は経済指標の発表がなく、
また、英国はボクシングデーということもあり、
様子見ムードが強い相場展開になってますね

【過去記事】2008/12/26 ボクシング・デーとは

ただ本日はロンドン株式市場は休場となっているものの、
独DAXや仏CAC40などその他主要株価指数は軒並み上昇しています

さらに、ダウ先物もプラス圏で推移していますが、
それに対する為替の反応は限定的といったところですね

このあと24:30には米・ダラス連銀製造業活動指数が
発表される予定ですが、市場の注目度は薄いと思います

20091228-02.png

本日のドル/円は91.60付近で、もみ合う相場になっていますが
ユーロ/ドルは多少、トレンドが出ている感じです

とはいうものの、上図で示したように
上値を押さえつけるサポートラインが気になるので
ここからユーロ買いエントリーというのも
ちょっと手が出しにくいですかね

ユーロ買いを仕掛けるのであれば、レジスタンスラインを
上抜けしてからの押し目買いってところでしょう

とはいうものの、年末年始は市場が渇することを考えれば、
為替差益を狙う短期トレードの舞台としては
それほど好ましい条件ではないと思います

なので、相場が元気に動いているのであれば
トレードを仕掛けていくし、そうでなければ
無理にトレードする必要もないと思います

「休むも相場」なんていう格言があるように
為替差益が見込めないような展開であれば
トレードは休むことが賢明でしょう^^

なるほどと感じてくれたら
応援クリックもよろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

売買シグナルをメールで受信しよう!セントラル短資のFXライブ!

【セントラル短資】為替侍の過去レビューはこちら
先日の記事ではFX業務から撤退した
FX会社リストをまとめてみました

こーやって、あらためて振り返ってみると
撤退した企業数は半端じゃないです^^;

まだ、事業撤退リストを見ていない方は
そちらから目を通してみてください

そして2010年のFX業界はどうなるのか?

結論から言えばFX会社はさらに淘汰していくと思います

その理由としては金融庁の規制強化があげられるでしょう
特に2010年夏からはレバレッジ規制が実施され
最大レバレッジが50倍までとなります

そうなってくると、レバレッジを高くし取引回数で勝負していた
スキャルピング・トレーダーは姿を消すことになるので
業界内での取引高は減少することが考えられます

もちろん新たにFXをはじめるトレーダーも多くいると思いますが
取引高全体では頭打ち状態になるでしょうね

まあ、FX業界の動きがある程度わかっている方であれば、
ここまでの予想は想定範囲だと思います

為替侍はさらに思うことがあるんです
それは・・・次回のコメントをお楽しみに^^

興味深いと思ってくれたら、
応援クリックもよろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

口座数ランキング2位に急浮上!デイトレ派に大人気の外為オンライン
外為オンライン
【外為オンライン】為替侍の過去レビューはこちら
クリック証券×為替侍限定タイアップ企画実施中!
ポンド/円の固定スプレッド2.4は魅力的!完全信託保全!
k-samurai234x60.gif
【クリック証券】為替侍の過去レビューはこちら

さて今回のコメントも来年のFX業界について
個人的に思うことをコメントしていこうと思います

前回の記事を読んでいない方は
過去記事から目を通していただけると
話の流れが理解しやすいと思います

というわけで、2009年は多くのFX会社が事業撤退しましたが、
そのほとんどが、店頭FXの事業撤退です

店頭FXの企業数が縮小していく一方で
公的FXは大きく拡大したのも2009年の特徴と言えるでしょう

くりっく365全体でも取引高は大きく伸びましたし、
大証FXの新設も、その一つの理由です

順調にシェアを伸ばしている公的FXは
元々レバレッジの上限が低いので
金融庁の規制強化の影響をそれほど受けないと思います

ただ、来年以降もFX業界の取引高を伸ばしてくるとは思いますが
公的FXから撤退する参加業者も出てくるんじゃないかと・・・。

その撤退理由として挙げられるのは
東京金融取引所や大阪証券取引所に支払う高額な上納金です(笑

実際、公的FXに参加している企業の中で、
公的FX事業が黒字になっている企業は皆無とも言われています
つまり現状の公的FXはビジネスとしては成り立っていないのが現状といます

実際、2209年はばんせい証券が
公的FX参加業者として初の 事業撤退をしています

それでも顧客の保有ポジションが、事業撤退を理由に
強制決済になることなく、譲渡先にそのまま引き継がれた
事例は高く評価できるでしょう

今後のFX業界は公的FXがシェアを伸ばしてくると
個人的には予想していますが、その行方は^^

興味深い記事と感じてくれたら、応援クリックもよろしくお願いしますね^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。