為替侍のFXブログ2008年07月

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2008/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[就寝前に必ずcheck!7月31日の経済指標!]の続きを読む
スポンサーサイト
最近はUSD/JPYが108円台にシッカリと乗せるなど、
USDの上昇ムードが高まってきているって感じですかね!

しかし、最近の値幅は比較的小さいので
トレードで差益を狙う局面としては、あまりよろしくない相場です・・・。

実際にトレードする!ってなると個人的には

・トレンドが出ている
・差益が十分狙えるレンジ幅


このあたりの条件は満たしておきたいところです
今の相場で、この条件は満たしているのはズバリ!GBP/USDでしょう!

20080731-01.gif
ブログ村為替ブログをcheck! 上手なスワップ派の保有ポジションは!
スワップ為替ブログをcheck! 勝ち組スワップ派からトレード術を盗め!為替侍のデイトレの二ヶ条!デイトレはココを抑えるべし!

とゆーわけで、上図はGBP/USDの2時間足チャートです

このチャートをみていただければわかると思いますが、
トレンドがシッカリと出ていて、そのレンジ幅も200pipisと大きめ!

短期トレードを行なう土俵としては、かなりいい条件が揃っていると思います
ココでトレードすれば、必ず勝てるというわけではありませんが
勝ちやすい土俵ではあると思います

ただし、人それぞれのトレードスタイルがあると思うので
トレーダー全員に当てはまるというわけではありませんが・・・^^;

私の場合は、いつも1時間足のチャートだけをみている!
とゆーよーな、見ている時間足を決めているわけではありません。

抑えているポイントは上記の2ポイントであり、
この2つの条件を満たしているのであれば
時間足に縛りは設けてません

まあ、最終的には個々のトレードスタイルにあったもので^^

ただ、GBP/USDは値幅が大きく差益が狙いやすい上に、
低コストでトレードできるため、
短期トレードをするなら抑えておきたい通貨ペアですよ!

本文が参考になったら応援クリックお願いします!
人気BlogRanking5位をcheck! NZDがサポート割れか!注目ポイントとは?
人気BlogRanking9位をcheck! きわどいポイント!ギリギリチョップ!
人気BlogRanking19位をcheck! ドルより強い南ア!キタゾキタゾッ!!
人気BlogRanking62位をcheck! 私は移動平均線乖離率を重視!BNF流か!!

ちなみにGBP/USDのスプレッドはODL Japan
固定スプレッド=2がNo.1低コスト業者です!

ODL Japanは原油相場もトレードできます!またMT4は自動売買も可能!

【ODL Japan】為替侍の過去レビューはこちら
2008年3月に訪れた大暴落以降は
円安トレンドへ転じているクロス円通貨。

スワップ・トレーダーは、ジリジリと円安方向へ進んでいく
チャートをみてホッとしている方も多いかと思いますが・・・。

実はちょっとやばくなってきた通貨があるんです・・・。
それはスワップ派に人気のあるオセアニア通貨です

特に心配しているのがAUD/JPYです

20080731-02.gif
ブログ村為替ブログをcheck! 上手なスワップ派の保有ポジションは!
スワップ為替ブログをcheck! 勝ち組スワップ派からトレード術を盗め!為替侍のこの通貨ペアがやばい!警告を促す通貨ペアは!

今、世界ではサブプライム問題を引き金に先進各国で
住宅価格の崩壊が起きています

まず英国に波及した住宅価格崩壊は、今や、スペイン、NZでも始まり、
ついに豪州まで達しているようです

特にAUDは産油国なので、原油高騰の恩恵を受けて
グングンッ上昇してきた分だけ、今後、原油相場が暴落した場合、
原油価格暴落&住宅価格崩壊とダブルパンチを受けることになります

もし、そーなってくるようならAUDの下落幅は
かなり大きくなるのでは、ないでしょうか・・・。

じゃー、どこまで下落するのか!?ってところが気になる
ところなんですが、このあたりは次回コメントしたいと思います!

とはゆーもの、あくまで個人的な意見なので、
そのあたりはご理解よろしくです^^;

本文が参考になったら応援クリックお願いします!
人気BlogRanking5位をcheck! NZDがサポート割れか!注目ポイントとは?
人気BlogRanking9位をcheck! きわどいポイント!ギリギリチョップ!
人気BlogRanking19位をcheck! ドルより強い南ア!キタゾキタゾッ!!
人気BlogRanking62位をcheck! 私は移動平均線乖離率を重視!BNF流か!!

スプレッドは完全固定化!ドル円スプレッド1~!信託保全完備!
外国為替証拠金取引の外為オンライン
【外為オンライン】為替侍の過去レビューはこちら
人気BlogRanking4位をcheck! ブログ内容が盗用された!盗用しちゃダメよ!
人気BlogRanking8位をcheck! 遅行スパンからテクニカル分析!一目均衡を制せ!
人気BlogRanking22位をcheck! 必見!利益と損失の価値の違い!まずは脳内改革!
人気BlogRanking66位をcheck! 短期トレードに有効的な手法!気になります!!

本日の経済指標by為替侍

為替侍が発行する無料メルマガでは
ブログでは読めない本音のトークを公開中
現在はFX業界に関する不満や、今後の業界予想などをコメント中!
(かなりの独断と偏見を含みます・・・。^^;)
メルアドひとつで無料購読できるので、是非読んでみて下さいね!

無料メルマガ登録
為替侍のFXで億万長者!       
 
為替侍の無料メルマガはまぐまぐからmelmaへ変更しました
無料で購読できます!気軽に登録してね! メルマガスタンドmelma! トップページへ


本日の経済指標 2008/07/30(水)          毎日24:00更新
時間 件名 予想 前回 重要度
08:50 鉱工業生産-6月(前年比/速報値) 0.6% 1.1%
10:30 住宅建設許可件数-6月(前年比) -4.1% 0.2%
18:00 消費者信頼感-7月 -18 -17
18:30 KOF先行指数-7月 0.97 1.01
18:30 CPIX-6月(前年比) 11.3% 10.9%
21:15 ADP雇用統計-7月 -6.0万人 -7.9万人
21:30 鉱工業製品価格-6月 1.0% 0.6%
21:30 原料価格指数-6月 3.0% 3.1%
スター為替【くりっく365】為替侍限定タイアップで最大3万円の特典が貰えます!
ZAR/JPYのスワップポイントはブッチ切りで業界No.1!サイバーエージェントFX
重要度は「-」「」「」「」の4段階評価
経済指標一覧はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
220万%というハイパーインフレを記録したジンバブエでは、
まん延する現金不足に取り組むため、21日から新紙幣を発行!

まあ、この新紙幣の単位が半端じゃないです!
なんと、1000億ジンバブエ・ドル札!!

これに関するニュースは日本国内でも報じられていたので
ご覧になった方も多いんじゃないでしょうか?

ジンバブエ紙幣_20080730
ゼロの数が半端じゃない!1000億ジンバブエ・ドル紙幣!

ジンバブエでは、今年1月にハイパーインフレの影響で、
1,000万ドル札を新発行したんですが、
その後もハイパーインフレの影響は収まらず、
4月には5,000万ドル札を新発行・・・。

その後も立て続けに1億ドル札、2.5億ドル札を発行したんですが
まだまだインフレは収まらない・・・。

これでどうだ!と言わんばかりに50億ドル札、250億ドル札、500億ドル札を
発行したんですが、まだまだインフレ地獄が続く・・・

んで、今回発行したのが1,000億ドル札とゆーわけです!

1,000億ドルという単位の響きからすると
かなりの大金を連想するんですが、
実際には日本円に換算して100円程度です

とゆーことは、わずか半年前に発行したばかりの
1,000万ドル札は日本円に換算して1銭程度の価値しかなく
ほとんど紙くず状態ってことですね・・・。

そりゃそうですよね・・・1,000万ドル札では何も買えませんから^^;

ちなみに日本では、このジンバブエ紙幣がネットオークション
取引されており、先日発行されたばかりの1,000億ドル紙幣は
8,000円で取引されたそうですよ

ポンド円スプレッド 3 は脅威的!手数料無料で1000通貨単位トレード可能!

【ヒロセ通商】為替侍の過去レビューはこちら
今週の週明けマーケットは値動きの
乏しい静かなスタートとなりましたが、
その中でも週明けから堅調に推移しているのがZAR/JPYです!

ココ最近のZAR/JPYは非常に元気がよく
13円台でウロウロしていたレンジ相場を突き抜けた後は、
14.30円までグイグイッきてます!

そんな絶好調のZARにとって鬼門となるのが、
30日、31日と立て続けに発表される指標発表でしょう!

最大の注目ポイントは30日は消費者物価指数です!

市場予想は前年比ベースで+12.1%となっていますが、
この数字が予想以上に高まるようなら、
次回の南ア・政策金利では追加利上げ観測に火がつく
可能性が一段と高まるでしょう!

現段階で8月14日に発表される南ア・政策金利では、
は0.50%の追加利上げが予想されていますが、
同指標をきっかけに市場へ大きな変化が表れるかもしれません

ブログ村為替ブログをcheck! 上手なスワップ派の保有ポジションは!
スワップ為替ブログをcheck! 勝ち組スワップ派からトレード術を盗め!為替侍のカナダを分析!テクニカル・ポイントはココ!!
20080729-01.gif

上図は気になる南ア・消費者物価指数(前年比)の推移グラフです

南アが目標としているインフレ・ターゲットは3~6%程度なので
現在の12%付近という数値は行き過ぎです・・・!

また、31日には生産者物価指数と貿易収支が発表されます
とにかく、この2daysは南ア・スワッパーにとって要check pointですね!

本文が参考になったら応援クリックお願いします!
人気BlogRanking4位をcheck! ブログ内容が盗用された!盗用しちゃダメよ!
人気BlogRanking8位をcheck! 遅行スパンからテクニカル分析!一目均衡を制せ!
人気BlogRanking22位をcheck! 必見!利益と損失の価値の違い!まずは脳内改革!
人気BlogRanking66位をcheck! 短期トレードに有効的な手法!気になります!!

スプレッドは完全固定化!ドル円スプレッド1~!信託保全完備!
外国為替証拠金取引の外為オンライン
【外為オンライン】為替侍の過去レビューはこちら
気になるドル円相場ですが、4時間ベースで見てみると
週明け後は連続陰線となっており、
今週はまだ買い反発が一度もない状態です

USD/JPYは依然として上値が重い展開が続いていますが
先週、先々週と上値超えを二度トライしていることや、
戻し売りの圧力もかなり弱くなってきていることから、
再度上値越えを狙う動きがあるんじゃないかなって思います

そーゆー意味でも今週末に控えている米・雇用統計
重要なポイントになってくると思います

20080729-04.gif
ブログ村為替ブログをcheck! 上手なスワップ派の保有ポジションは!
スワップ為替ブログをcheck! 勝ち組スワップ派からトレード術を盗め!為替侍のドル円相場を徹底分析!テクニカルポイントはココ!

とりあえず、上図はUSD/JPYの4時間足チャートです

押し目買いが予想されるポイントとしては2箇所あり、
一つは先日のコメントでも述べている青色の上昇トレンドライン

これはちょっと下抜けした感じがあり、
このトレンドラインは崩壊していますね
今後は、このラインを意識しなくてもいいでしょう!

もー、一点の押目買いポイントがピンク色の上昇トレンドラインです!

ここで反発買いが起きるようならば
必然的に赤ラインとピンクラインによってP波動レンジ
形成させることになるので、このP波動レンジが焦点となってくるでしょう!

まあ、今の段階ではピンクラインのよって
反発買いがあるかどうかに注目してみたいと思います!

本文が参考になったら応援クリックお願いします!
人気BlogRanking4位をcheck! ブログ内容が盗用された!盗用しちゃダメよ!
人気BlogRanking8位をcheck! 遅行スパンからテクニカル分析!一目均衡を制せ!
人気BlogRanking22位をcheck! 必見!利益と損失の価値の違い!まずは脳内改革!
人気BlogRanking66位をcheck! 短期トレードに有効的な手法!気になります!!

スプレッド0宣言!手数料も無料で完全コスト0!大反響!
7FX(セブンエフエックス)
【セブンインベスターズ】為替侍の過去レビューはこちら

サブプライム問題

の大暴落が発生した
2007年7月から約1年の月日が経ちました・・・
歳をとると月日の流れが凄く早く感じますね。

えっと、同問題以降の各クロス円通貨を比較してみると
2種類の値動きパターンに分類できると思います
とりあえず、下図をご覧くださいませ。

20080728-02.gif

一つ目は上段のような下落トレンド型です
これは赤字国に多く見られる傾向です
具体的には米国や英国がこれに属してきます
また最近の金利政策は「利下げ局面」の国が多いですね
(ただし南アは利上げ局面)

2つ目は下段のようなレンジ型相場です

これは黒字国に見られる傾向です
具体的には豪州やスイスがこれに属してきます

まあ、全てがこの法則に属すわけではないので
そのあたりは柳に風でピュ~。^^;

ただ、ちょっとわからないのがCADなんですよね・・・。

カナダは貿易収支と財政収支の両方で黒字を計上し、
いわゆる

双子の黒字

なんです

だとすれば、どちらかといえば下段のレンジ型相場になってても
おかしくはないと思うんですが。

資源も豊富で、産油国でもありますし。

んー、カナダのとってネガティブな要因といえば
米国に隣接しているってことくらいですかね・・・どうなんでしょうか・・・。

ポンド円スプレッド 3 は脅威的!手数料無料で1000通貨単位トレード可能!

【ヒロセ通商】為替侍の過去レビューはこちら



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。