為替侍のFXブログ2007年06月

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2007/051234567891011121314151617181920212223242526272829302007/07

当ブログでも相互リンクをしていただいている
元パイレーツ・浅田好未さんのブログが
今月いっぱいで終了するみたいです(残念)

パイレーツは「だっちゅーの」で流行語大賞を受賞するなど
当時は超ブレイクしていたので皆さんも知ってますよね

短い間でしたがお疲れ様でした
お時間が許すようであれば、最後となってしまいましたが
是非、足を運んでみてくださいね

浅田好未の商品先物&FX体験日記
http://blog.livedoor.jp/hoxsin_futures/


為替侍の過去レビューはこちら


パンタ・レイ証券のリアル口座が開設しました
口座開設に要した時間も4日程度とかなり早い対応でした

まだリアル口座でトレードしていないので
その辺りのコメントはできないのですが
取引画面を4枚用意したので参考にしてみてください
結構、優れものチャートかもしれません


こちらが通常取引画面となります
プライスパネル・チャート画面・各種照会画面が表示され
かなり見やすいですね
上段部にはニュース速報のテロップが流れているので
経済ニュースをすぐに確認することができます
USD/JPY、EUR/USDのスプレッドは1ですね

20070629-002.png
こちらは20画面チャート図です
1画面から20画面表示が選択可能です
もちろん通貨選択や時間足選択など
自分の見やすいようにカスタマイズできます
これはちょっとビックリしましたね

20070629-003.png
こちらは1画面表示チャート
チャートはかなりみやすいですね
ただし、GFT系やCMS系チャートのようなマニアックな
テクニカル指標は装備されていませんね


20070629-004.png
こちらはチャート画面からボタン一つで切り替えられる
経済指標結果レポート画面です
これで経済指標結果も簡単に確認することができそうです

-----為替侍の評価-----
正直なところチャート機能に関してはそれほど期待していませんでした
取引コストが低いので、
それだけで十分すぎるだけの利用価値があると思っていましたから。
ところがチャート機能も充実感がありビックリです
これだけの機能が備わっていればかなり満足感はありますね
近日、信託保全も導入されるということなので、そちらも楽しみですね
恐るべしパンタ・レイ証券ですね
口座開設は無料なので、是非口座開設してみてください!
かなりお勧めです
本日の経済指標 2007/06/29(金)
時間 件名 重要度 予想 前回
07:45 実質GDP-1Q 1.0% 0.8%
08:30 失業率-5月 3.9% 3.8%
08:30 有効求人倍率-5月 1.05 1.05
08:30 全世帯家計調査消費支出-5月(前年比) 0.4% 1.1%
08:30 東京消費者物価指数-6月(前年比) 0.1% 0.0%
08:30  〃 -6月(除生鮮/前年比) 0.1% 0.0%
08:30  〃 -6月(除生鮮エネ/前年比) N/A -0.2%
08:30 全国消費者物価指数-6月(前年比) -0.1% 0.0%
08:30  〃 -6月(除生鮮/前年比) -0.1% -0.1%
08:30  〃 -6月(除生鮮エネ/前年比) N/A -0.2%
14:00 建設工事受注-5月(前年比) N/A 1.8%
15:00 小売売上高指数-5月(前月比) -0.2% 1.4%
未定 失業率-5月 8.1% 8.2%
未定 失業者数変化-5月 -1.5万人 -2.0万人
15:40 消費者信頼感指数-6月 -14 -14
15:45 GDP-1Q(前期比) 0.5% 0.5%
15:50 生産者物価指数-5月(前月比) 0.3% 0.5%
17:30 消費者信用残高-5月 5億GBP 5億GBP
17:30 モーゲージ承認件数-5月 10.5万件 10.7万件
17:30 GDP-1Q(確報値) 0.7% 0.7%
17:30 GDP-1Q(前年比/確報値) 2.9% 2.9%
17:30 経常収支-1Q -119億GBP -127億GBP
18:00 月次政府財政収支-5月 N/A +66億HKD
18:00 消費者信頼感-6月 -1 -1
18:00 鉱工業信頼感-6月 5 6
18:00 業況判断指数-6月 1.48 1.53
18:00 消費者物価指数速報-6月(前年比) 1.9% 1.9%
18:00 サービス信頼感-6月 22 22
18:30 GFK消費者信頼感調査-6月 -3 -2
19:00 外国為替平衡操作の実施状況 N/A 0円
21:00 貿易収支-5月 -64億ZAR -57億ZAR
21:30 GDP-4月 0.3% 0.3%
21:30 個人所得-5月 0.6% -0.1%
21:30 個人支出-5月 0.7% 0.5%
21:30 PCEデフレータ-5月(前年比) 2.4% 2.2%
21:30 PCEコア・デフレータ-5月(前月比) 0.1% 0.1%
21:30 PCEコア・デフレータ-5月(前年比) 1.9% 2.0%
22:45 シカゴ購買部協会景気指数-6月 57.5 61.7
23:00 建設支出-5月 0.1% 0.1%
23:00 ミシガン大消費者信頼感指数-6月 84.2 83.7
◆『為替侍の究極FXスワップ運用で不労所得!』 PDF版◆
AFT-FXダイレクトトレード【手数料無料・64通貨取扱・高性能チャート】
重要度は「-」「」「」「」の4段階評価
経済指標一覧はこちら

本日はたくさんの指標が発表されますね
指標はすべてcheckする必要はないので、要点だけを抑えておけばOKです
印の箇所はお見逃しなく!

本日8:30に有効求人倍率が発表されました
結果は有効求人倍率-5月:1.06倍 
ということなので、数字上は求職者よりも求人数の方が多いので
理論上、全員が就職できるということになります

しかし、あくまでも数字上での話です

どういうことかというと、
有効求人倍率1.06倍というのは日本全体での数値です
各地域ごとの有効求人倍数というのは
かなりのバラツキがあるんです

例えば2006年6月のデータでは
東京都の有効求人倍数は1.68倍ですので
かなり就職しやすい環境であることがわかります
(東京都の有効求人倍数は全国2位)
逆に青森県の有効求人倍数は0.44%となり
100人中44人しか就職できない状況となります

実際はかなりの地域格差があるので
地域によっては就職難で困っている人がたくさんいるってことですね
そういう地域はかなりたくさんあるのが現状です
事実およそ半分の地域は有効求人倍数が1倍を下回っています

有効求人倍数ベスト3
1位:愛知県 1.92倍
2位:東京都 1.68倍
3位:三重県 1.42倍
(自動車産業が盛んな東海地方は有効求人倍数が高い)

有効求人倍数ワースト3
1位:青森県 0.44倍
2位:沖縄県 0.47倍
3位:高知県 0.52倍

この辺の詳しいデータも今後、公開していきたいと思います
(有効求人倍率 =有効求人数÷有効求職数)


本日の経済指標 2007/06/29(金)
時間 件名 重要度 予想 前回
07:45 経常収支-1Q -24.5億N -39.29億N
07:45 住宅建設許可-5月 N/A 0.7%
08:50 鉱工業生産-5月(速報値) 1.0% -0.2%
08:50  〃 -5月(前年比/速報値) 4.7% 2.2%
15:00 ネーションワイド住宅価格-6月 0.6% 0.5%
15:00  〃 -6月(基調前/前年比) 10.4% 10.3%
15:00 国際労働機関失業率統計-5月 N/A 6.4%
16:55 失業者数-6月 -2万人 0.3万人
16:55 失業率-6月 9.2% 9.2%
17:00 M3-5月(前年比) 10.4% 10.4%
17:00 M3-5月(3ヶ月平均) 10.6% 10.4%
18:30 生産者物価指数-5月 0.8% 1.7%
18:30  〃 -5月(前年比) 11.0% 11.1%
21:30 鉱工業製品価格-5月 0.2% 0.2%
21:30 原料価格指数-5月 0.8% 3.3%
21:30 実質GDP-1Q(確報値) 0.8% 0.6%
21:30 個人消費-5月(確報値) N/A 4.4%
21:30 GDP価格指数-5月
(前期比/確報値)
4.0% 4.0%
21:30 コアPCE-1Q(確報値) N/A 2.2%
21:30 新規失業保険申請件数 31.0万件 32.4万件
22:00 NBNZ企業信頼感-6月 N/A -48.2
23:00 求人広告指数-5月 29 29
27:15 FOMC政策金利 5.25% 5.25%
◆『為替侍の究極FXスワップ運用で不労所得!』 PDF版◆
「手数料無料」のGMO-FX!USD/JPY,EUR/USDはスプレッド2~
2年連続業界ナンバー1の「外為どっとコム」、取扱通貨ペアも拡大!
重要度は「-」「」「」「」の4段階評価
経済指標一覧はこちらから

本日の注目指標はもちろんFOMCとなります
米・政策金利は次回に利下げする可能性もあるようなので
今回の声名文には特に注目が集まると思います

また米・GDPも見逃せませんね
FOMCとGDP、どちらも中長期的な経済トレンドをつくる力があるので
近い将来を占う意味でも非常に重要な指標となってきます
本日は為替侍が執筆担当しています
七人の兵ブロガーによる週間相場予想

本日深夜27:15に発表されるFOMCの声名文に注目です

政策金利そのものは5.50%据え置きの見通しが高く
その点は市場も織込み済だと思います

今回のFOMC声名文で注目したいのは
コア・インフレに関するコメントです


PPI・コアインフレの数値が上昇したのに対して
CPI・コアインフレの数値は減少してしまいました
ようするに物価を示す指標結果の足並みが揃いませんでした

この足並みの揃わない結果に対して
FOMC側がどのような見解を示すかに注目です


次回更新は24:00です
明日の経済指標を予習しておきましょう
FX会社比較表 (手数料無料の会社)

社名

スプレッド 通貨
資本
USD
JPY
EUR
USD
GBP
JPY
アトランティック・トレード 3 3 8 46 203.2%
インヴァスト証券FX24 3 5 9 15
サイバーエージェントFX 3 4 9 8 676.3%
外為オンライン 1 2 6 24 265.1%
外為どっとコム 4 5 9 12 495.7%
パンタ・レイ証券 1 1 5 15 327.0%
ヒロセ通商 3 3 6 56 - 198.3%
ひまわり証券デイトレ口座 5 5 5 30 252.7%
フォーチュンキャピタル 4 4 8 18 248.7%
フェニックス証券 23 525.9%
Foreland Online 5 5 9 17 310.8%
北辰物産DRAGON FX 24 3 3 8 122 251.9%
マネーパートナーズ 3 5 8 10 940.9%
ゆたかFX 5 5 9 30 331.5%
3 3 8 123
ミスター証券 3 2 8 18 - 181.6%
AFT-FX 3 3 8 64 325.8%
CMC Markets Japan
CMS 日本支店 3 3 8 19 - 313.1%
FX Online Japan 3 3 9 23

868.3%

FXCMジャパン 5 4 10 23 - 708.9%
FX-REAL 5 4 8 23 - 224.0%
FXA証券 2 2 7 19
739.0%
GMO-FX 2 2 7 14 223.3%
MJ 1 1 5 32 215.7%
信=信託保全  M=モバイル取引  資本=自己資本規制比率
○=導入済み △=現在手続き中 分=分別保管
くりっく365 全業者一覧はこちら
本日の経済指標 2007/06/27(水)
時間 件名 重要度 予想 前回
07:45 貿易収支-5月 0.5億NZD -2.12億NZD
07:45 輸入-5月 N/A 33.9億NZD
07:45 輸出-5月 N/A 31.8億NZD
08:50 大型小売店販売額-5月(前年比) N/A -1.7%→-1.8%
08:50 小売業販売額-5月(前年比) -0.5% -0.6%→-0.7%
08:50 小売業販売額-5月 0.4% 0.4%→0.3%
14:00 中小企業景況判断(商工中金)-6月 N/A 49.3
18:30 KOFスイス先行指数-6月 2.06 1.96
18:30 消費者物価指数-5月 0.5% 1.3%
18:30 消費者物価指数-5月(前年比) 6.9% 7.0%
18:30 消費者物価指数-5月(コア/前年比) 5.8% 5.9%
18:30 CPIX-5月 0.5% 1.2%
18:30 CPIX-5月(前年比) 6.3% 6.3%
21:30 耐久財受注-5月 -1.0% 0.6%→0.8%
21:30 耐久財受注-5月(除輸送用機器) 0.0% 1.5%→1.9%
重要度は「-」「」「」「」の4段階評価
経済指標一覧はこちら

最大の注目は米・耐久財受注-5月

そのほかはNZ・貿易収支の結果に注目しています
前回の赤字から今回は多少の黒字が予想されている
今回も赤字だったら、黒字を期待していた市場はどう反応するか?

南アフリカの物価関連指標も気になるところ
ちなみにCPIXとは住宅ローン金利を除いた消費者物価指数のことです

下図チャートはNZD/JPYの1時間足チャートです
先週末のNZ介入からNZDは最高値を更新できずに
P波動レンジを形成していました
P波動レンジが下に抜けたことで、
下落ムードはかなり強くなってきたと思います
今回の下落を受けて市場もNZ売り介入に対する警戒感が
強くなってきそうな気がします


NZD/JPYチャート分析 2007/6/27