為替侍のFXブログ2006年04月

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2006/031234567891011121314151617181920212223242526272829302006/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本時間27日23:00~の
バーナンキ議員の議会証言をうけて
大幅なドル安となり相場が動きました

2005年に構築したUSD/JPYのトレンドラインは
今週のG7とバーナンキ発言で完全に崩壊したと
見切りをつけていいと思います
現状意識されているサポートラインは
今年の最安値である113円MIDだと思います

今週末の指標も注目材料が多く目が放せません
4/28 (金)
08:30 日本:全国消費者物価指数(除生鮮)前年比-3月
15:00 日本:経済・物価情勢の展望(基本的見解、4月)
21:30 米国:実質GDP-Q1 (速報値)
    日本:日銀金融政策決定会合(通常、正午過ぎに発表)
上記以外にもたくさん経済指標が発表されますが
重要と思われる経済指標だけでもこれだけの数があります
ちょっと怖い週末になりそうな予感です・・・。
スポンサーサイト
FXA証券のEUR/USDスプレッド2は国内業者No1です!
さらに手数料も無料です!

EUR/USD スプレッド2
USD/JPY スプレッド3
GBP/CHF スプレッド8
取り扱い通貨は全20種類と豊富です
手数料も一切かかりません
デイトレやスイングするトレーダーであれば
尚更お勧めです

★FXA証券でEUR/USDを取引する際のコスト
スプレッド2+手数料0
★A社でEUR/USDを取引する際のコスト
スプレッド4+手数料往復20
FXA証券とA社を比較すれば一目瞭然ですよね

金融庁の登録も既に完了していますので
信用面でも安心できると思います
CMSチャートソフトもかなり使いやすいです!
テクニカル指標も非常に多いのも魅力の1つです
お勧めのFX会社です
4/27 (木)
06:00 RBNZ政策金利 7.25% 7.25%
07:45 貿易収支-3月 -2.51億NZD -2.57億NZD
23:00 バーナンキFRB議長:議会証言(経済見通しについて)

明日の注目はバーナンキFRB議長:議会証言です
サプライズがあるのかどうか定かではありませんが
USD/JPYがトレンドライン崩壊の崖っぷちにいますので
アメリカの懸念材料になるような発言があると
暴落に拍車をかけるかもしれませんね

スワップ派はNZの政策金利&貿易収支もcheckですね
政策金利に関して7.25%据置のようです

現在主要通貨で一番元気がないのはNZDだと判断しています
突然変異のような急沸騰はなかなか考えにくいと思います
完全な低迷期ですのでスワップ運用であれば
NZDに投資するよりも
AUDに投資した方がより安全ではないでしょうか?
現在のポジション
番号 通貨 ロット 売買 建値 利息
1 NZDJPY 0.1 B 83.59 11/28/2005 ¥21,877
2 USDJPY 0.1 B 116.20 12/19/2005 ¥17,366
3 GBPCHF 0.1 B 2.2582 12/28/2005 ¥22,822
4 GBPCHF 0.1 B 2.25 01/04/2006 ¥21,391
5 NZDJPY 0.1 B 79.44 01/12/2006 ¥14,518
6 NZDJPY 0.1 B 77.45 02/23/2006 ¥8,124
7 EURGBP 0.1 S 0.6894 03/10/2006 ¥3,210
8 USDJPY 0.1 B 115.80 04/24/2006 ¥0
スワップ合計:¥109,309
先日はAUD/JPYの下げトレンド分析を
掲載させていただきました
過去にもUSD/JPYやNZD/JPYなどを
簡単にチャート分析させていただきましたが
次回はもう少し分析レベルをあげて紹介したいと思います

例えばAUD/JPYの今年最安値である82.15円は
推測可能だったのか?
もしくは82.15円付近で下落を止めたテクニカル的な要因は何か?
(4/21掲載のAUD/JPY日足チャート参照)

続きは次回、チャート付で解説していこうと思います
今までは簡単なトレンドライン解析しか紹介してないので
今後は少しずつテクニカル分析のレベルをあげて
紹介していこうと思います

PS.完璧なチャート分析は皆無ですので
最終的なご判断は各自にてお願いしますねb
最近のAUD/JPYはどんな感じでしょう
AUD/JPYとNZD/JPYの下落幅は大きく異なりますが
チャートの形は似ていると思います
2005年末の下落からみてみますと
現在は4波動目にあたり今後5波動目の下げ方向に
向かうかどうか注目点です
NZD/JPYも同様に4波動目~5波動目の位置にあります
aud001.jpg

上記のAUD/JPY日足チャートからわかるように
上値ラインと下値ラインがほぼ平行に推移していますので
チャート自体は綺麗な形をしていると思います
来週以降、下落方向に向かうと下値ラインまで
下落が続いてしまうかもしれません・・・。

最近は上昇してきたからAUD/JPYロングしてしまうと
高値を掴まされて下落してしまうかもしれません
上値ラインを超えるまでは油断禁物ではないでしょうか
---昨日の続き---
その理由は本の内容が今の相場しか述べてないことでした
それはまさに、書籍の売り上げを意識した本にすらみえました・・・。

これは個人的な考えですが
今からスワップ運用を始めようと考えてる方に対して
NZD高金利の魅力だけを主張しすぎるのは
ナンセンスなんじゃないかなぁって感じました
私もNZDの高金利に躍らされてしまった一人ですから・・・。
通貨を選ぶ際に金利だけで判断するのではなく
もっと広い視野で通貨を選ぶべきだと思います
jp_both.jpg
キウイは新鮮なうちに食べましょう!

NZD/JPYに投資すること自体は否定しませんが
AUD/JPYの方が長期的にみるならば安定した通貨だと思います
今、私は注目している対円通貨は
USD/JPY、EUR/JPY、AUD/JPY、CAD/JPYですね
NZD/JPYの注目度は5番手くらいですかね・・・。
実際はポジション保有してますのでチャートはチェックしてますが・・・。
先日、投資家仲間の友人宅を訪問した際
一冊の書籍が目に飛び込んできました
内容は「NDZ/JPYの高金利通貨をスワップ運用しよう!」
という内容でした。
詳しい発売日はわかりませんが新刊のようでした
(書籍名や著者名は伏せさせていただきます)

友人はすっかりその本に洗脳されたようで
そのNZDスワップ運用に魅力を感じていました
私自身もスワップ運用をしていますし、
すべてを否定する気はありませんがなぜか釈然としませんでした

それはなぜか?
それは次回お話しまーす
あくまで個人的な見解ですのでご了承くださいね
現在のポジション
番号 通貨 ロット 売買 建値 日時 利息
1 NZDJPY 0.1 B 83.59 11/28/2005 ¥20,900
2 USDJPY 0.1 B 116.20 12/19/2005 ¥19,603
3 GBPCHF 0.1 B 2.2582 12/28/2005 ¥21,522
4 GBPCHF 0.1 B 2.2500 01/04/2006 ¥20,091
5 NZDJPY 0.1 B 79.44 01/12/2006 ¥13,541
6 NZDJPY 0.1 B 77.45 02/23/2006 ¥7,147
7 EURGBP 0.1 S 0.6894 03/10/2006 ¥2,628
スワップ合計:¥105,432

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。