為替侍のFXブログ2006年02月

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2006/01123456789101112131415161718192021222324252627282006/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀行の外貨預金やFX会社のスワップ金利をうたい文句に
高金利通貨の魅力で宣伝する銀行やFX会社などたくさんあります
私も非常に魅力的だと同感します

FX投資する方の中にも
スワップ派という金利狙いの投資家も多く存在します
しかし、FXスワップ派で
本当に苦しい局面を乗り切ったFXスワップ派の方は皆無です
私を含めて、スワップ派は
まだまだ舗装された道路の上を歩いてるだけに過ぎません
本当に険しい出口の見えないジャングルを歩き続け
生き延びなければなりません
スポンサーサイト
みなさんのご支援と地道に続けてきたかいがあり
この度、1万アクセスを突破することができました
開設当初に目標としてた1万アクセスを突破でき
非常に嬉しく、みなさんへの感謝の気持ちでいっぱいです
次は10万アクセス突破できるようがんばりたいと思います
現在のポジション

番号 通貨 ロット 売買 建値 利息
1 NZDJPY 0.1 B 83.59 11/28/2005 ¥14,043
2 USDJPY 0.1 B 116.20 12/19/2006 ¥9,397
3 GBPCHF 0.1 B 2.2582 12/28/2005 ¥12,222
4 GBPCHF 0.1 B 2.2500 01/04/2006 ¥10,790
5 NZDJPY 0.1 B 79.44 01/12/2006 ¥6,684
6 NZDJPY 0.1 B 77.45 02/23/2006 ¥290
スワップ合計:¥53,426
NZD/JPY L1枚(中期的運用)
NZDJPY 0.1 B 77.45 02/23/2006
usdjpy002.jpg

現在のUSD/JPYの相場は
黒TLと赤TLが交差する直前を推移しています
今後、黒TLに頭を抑えつけられて推移していくか
赤TLの上昇相場に乗って推移していくか
非常に大きな分岐点に位置しています
ここ数ヶ月の動きは最注目です

去年末の大幅下落は
数年ぶりに黒TLにタッチしたことを意識した投資家と
年末のポジション整理したい投資家が重なったことが
大幅下落に拍車をかけた原因の一つかもしれません(個人的主観)
usdjpy002.jpg

上記のチャートは過去8年分のUSD/JPY月足です
黒TL(トレンドライン)をしっかり意識できていた方は
去年の年末、120円以上で決済できていたのではないでしょうか?

私の場合、月足はほとんどみることがないのですが
全くみないことは問題だと思っています
少なくとも月足チャートをみていれば
120円以上のドル買いは考えにくいです
投資で生き残るためには、勝ち残るためには
投資の知識や技術は当然必要だと思います

しかし、それ以上に大切なことは
投資が好きであること
努力を継続できること

実際にはみえてこない内面的な気持ちが非常に大切だと思います
この気持ちを持ち続けることが投資技術向上に繋がってくると思います
努力を継続できることは最大の才能です
焦らず少しずつでいいので努力を継続することが
成功への近道だと思います
現在のポジション
通貨 ロット 売買 建値 日時 利息
NZDJPY 0.1 B 83.59 11/28/2005 ¥13,018
USDJPY 0.1 B 116.20 12/19/2005 ¥8,431
GBPCHF 0.1 B 2.2582 12/28/2005 ¥10,858
GBPCHF 0.1 B 2.2500 01/04/2006 ¥9,426
NZDJPY 0.1 B 79.44 01/12/2006 ¥5,659
合計:¥47,392
FX会社選びの基準は色々あると思いますが
会社の信頼性・信用性も重要選考基準だと思います
下記は金融庁に登録を受けている会社です(一部のみ抜粋)

・朝日ユニバーサルFX
・アリーナFX
・FXA証券
・FXオンライン・ジャパン
・FXCMJ
・FXプライム
・外為どっとコム
・セントラル短資
・ひまわり証券
・北辰物産       など計118社

記載した会社以外にもたくさんありますので
詳しくは金融庁HPをご覧ください
http://www.fsa.go.jp/
今後の建値予定のポジションは
EUR/GBP S 0.6890
EUR/CHF L 1.5375
(EUR/JPY L 検討中)
(AUD/JPY L 検討中)
欧州通貨を中心に追加購入していく予定です

保有中のGBP/CHFもスワップが徐々に貯まりつつあり
100pip下での買い下がり(2.4000)も行いやすくなってきました

為替レートの操作はできませんが
レバレッジの操作はできます
高レバレッジになり過ぎないよう自己制御する気持ちは
何よりも大切だと思います

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。