為替侍のFXブログ2006年01月

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主要各国の政策金利表
007.jpg

↑クリックでみれます↑

過去5年の各国政策金利をグラフに表したものです
是非、参考にしてください

USD/JPYは予想通り114円前後で
押し目を意識されているせいなのか
かなり攻防してるように見えます

月曜日の深夜現在では115円付近まで上昇をみせてますね
当面、レンジ相場が続くのではないでしょうか?

スワップ運用ではUSD/JPYの比重を下げて行きながら
欧州通貨を加えていこうと検討しています
USD/JPYは相場変動には関係なく
買い増しは考えていない状況です

現在のポジション

通貨 ロット 売買 建値 日時 利息
NZDJPY 0.1 B 83.59 11/28/2005 ¥7,510
USDJPY 0.2 B 116.20 12/19/2005 ¥7,044
GBPCHF 0.1 B 2.2582 12/28/2005 ¥3,675
GBPCHF 0.1 B 2.25 01/04/2006 ¥2,244
NZDJPY 0.1 B 79.44 01/12/2006 ¥151
         スワップ合計:¥20,624
GBPCHF <決済>
01/12/2006 Close Trade GBPCHF .1 B 2.2624 2.268
¥4,964 +3,476(スワップ金利)=+8,440
今後のUSD/JPYの見通しは
円安方面に向かうと予測してますが
すぐに上昇とはいかなそうですね

下記のチャートはUSD/JPYの日足ですが
現在の位置は押し目トレンド上に当てはまります
今月様子みてトレンドでバウンドするような動きが
見えないようならトレンド崩壊の恐れあります
少なくとも、ここ数日は押し目を意識した
トレンド上での攻防があるように見受けられます
006.jpg

GBP/CHF 2.2624L 1枚
2.2680リミットに設定

現在レバが高いので利益を追うことより
資産を守ることを重視。

USD/JPY 114円
NZD/JPY 79円
GBP/CHF 2.2400

資産あれば1枚ずつLしたかったけど
ますは資産確保が最優先ですべて見送り
我慢我慢!
先日の雇用統計の発表後、大幅な下落をし
ついに115円を割りました
長期的な方向は円安に向かうと予測してますが
目先は112円台まで視野にいれておく必要があると思います
chart.png

ドクター田平のFX書籍第二弾!
より具体的により詳しく「ホントに儲かる」売買技術と考え方を解説。
今回は「勝つための投資行動」という観点からより体系的に詳説。
MACDとスローストキャスティクスを用いる独自の売買技術についても、
実戦に即して「応用」するためのポイントを指南します。

低価格で非常にわかりやすいです
お勧めできる最新書籍です
FX投資するなら一度は読んでおきたい、そんな書籍です


スワップ運用において大事なことは

1.資産管理
2.建値

基礎中の基礎であり、当たり前すぎることですが
大変重要ですので自分への戒めの意味を含め
お浚いしたいと思います

スワップ運用で最も怖いことは
資産運用がしっかりできていないと
マージンカットにより口座残高のほとんどを失ってしまうことです
そこはまさに天国と地獄です
レバレッジを低くし、無理のない運用は絶対条件となります

初心者はレバ1倍~2倍
中級者はレバ3倍~5倍
上級者はレバ5倍~

建値が重要なのはスワップ派だけの話ではありませんよね
投資において建値の重要性は述べるまでもありません
GBP/JPY 210円Lと190円Lでは雲泥の差です
焦らず好機がくるまで腰を据えて建値のチャンスを
待つ姿勢は非常に大事です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。