外為ファイネスト

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FX業界は日々、慌しく動いているので
気がつくと社名が変わっていたり、
親会社が変わっていたりすることはよくある光景です

そして今月からH&Lが外為ファイネストへ社名変更しています
また社名変更に併せて本社も神田から丸の内へ引越しするみたいですね
H&Lから外為ファイネストへの社名変更について

外為ファイネストといえば、今、話題のカリネックス
いち早く国内で導入したFX会社です
このカリネックスは私の知り合いのトレーダーの中でも
最近、話題に取り上げられることが多くなってきました

とにかく「約定能力」という面ではかなり評価が高いようです(下段図参照)

そんな外為ファイネストが提供するカリネックスは、
現在変動スプレッドを採用しており、平均スプレッドは、
ドル/円=0.5銭、ユーロ/円=0.98銭、豪ドル/円=1.43円、ユーロ/ドル=0.5銭
と、業界でも最高水準の低スプレッドが魅力ですね(上段図参照)

外為ファイネスト 平均スプレッド
外為ファイネスト_平均スプレッド

外為ファイネスト 約定率
外為ファイネスト_約定率

外為ファイネストの場合、通常は取引手数料がかかるんですが、
5月3日より取引手数料キャッシュバックキャンペーン(上限35万円)が実施されます。 
キャンペーン期間としては、2010年5月3日~5月28日取引終了分までとなっており、
35万円までは完全無料で取引ができるようになります。
 
またインターバンクダイレクトPROというトレードツールを使用すれば、
さらに最高200万円まで取引手数料キャッシュバックが貰えます
とりあえず、5月からスタートするキャッシュバックキャンペーンに関する
内容はHPに詳しく書かれているので、コチラを確認して下さい^^

FXのプラットフォームとして2009年、
世界で多くの賞を受賞したカリネックスに興味がある方は
この5月のキャンペーンをぜひ有効的に活用してください^^

外為ファイネストは板が見れる新機能を導入!今話題のカリネックス!
外為ファイネスト

【外為ファイネスト 取引概要】
サービス名:インターバンク・ダイレクトPRO
取引通貨ペア数:12通貨ペア
取引通貨単位:50万通貨以上、1万通貨単位
取引手数料:約定金額×0.0035%
初回最低入金額:制限なし
全額信託保全:○(日証金信託銀行)
自己資本規制比率:170.9%(2010年01月現在)

サービス名:インターバンク・ダイレクト
取引通貨ペア数:12通貨ペア
取引通貨単位:1万通貨
取引手数料:約定金額×0.005%
初回最低入金額:制限なし
全額信託保全:○(日証金信託銀行)
自己資本規制比率:170.9%(2010年01月現在)
スポンサーサイト

板が見れる機能を搭載したH&Lインターバンク・ダイレクト

使いやすさと便利さから好評みたいです!


このインターバンク・ダイレクトの取引システムは

通称カリネックス系なんて呼ばれたりするシステムです

このカリネックス系は、国内での知名度はまだ低いですが

2009年には優れた取引システムとして数々の賞を受賞した、

世界的に認められているFX取引システムなんです


H&Lは板が見れる新機能を導入

※板の単位は 1.0=1,000,000通貨


最近ではサイバーエージェントFXが、

このカリネックス系システムを導入すると発表しましたし、

今後はカリネックス系を導入するFX会社が増えてくると思います


ちなみにサイバーエージェントFXの場合は

100万通貨単位を行う大口トレーダー用として導入するため

一般トレーダーにはハードルがちょっと高すぎますね


そーなってくるとカリネックス系が使用できるFX会社というのは

1万通貨単位から取引が可能なH&Lのみって感じですね

H&Lは言うならばカリネックス系のパイアニア的存在です


H&Lのスプレッド履歴_20100205

カリネックスは優れたプラットフォームとして2009年に数多くの賞を受賞!


このカリネックス系は板が見れる取引システムなので、

売り買いの注文状況がリアルタイムで 確認することが可能です!


なので、この板を確認しながらトレードをしていれば

どのあたりに大量の注文が入っているのか確認することができるし、

市場全体の取引が活性化したタイミングを掴む材料にも使用できると思います


さらには押し目買いや戻り売りのタイミングを狙ったり、

レンジブレイクのタイミングをはかる材料として

チャート分析と併用するとかなり面白そうですね!


とりあえず、使いやすさっていうのは言葉で伝えるよりも

実際に触ってもらった方が早いと思うので、

まずはデモ口座でその使いやすさを体験してみてください^^


H&L 取引概要

  • サービス名:インターバンク・ダイレクト
  • 取引通貨ペア数:12通貨ペア
  • 取引通貨単位:1万通貨
  • 取引手数料:約定金額×0.005%
  • 初回最低入金額:制限なし
  • 信託保全:○(全額信託保全)
  • 自己資本規制比率:221%(2009年11月現在)

H&Lは板が見れる新機能を導入!全額信託保全も導入済!
H&Lのインターバンク・ダイレクト_20100205
今のFX業界において、ドル/円のスプレッドが1銭以下というのは
もはや、当たり前とも言える時代に突入しています

今後は、低スプレッドだけのうたい文句では
顧客獲得は難しくなってきているのが現状で、
各社とも独自の新しいサービスを提供してきています

そして今回、取引ツールの使いやすさに定評がある
H&Lの「インターバンク・ダイレクト」では、
板が見れる新機能が追加されました!

この板が見れる取引システムでは、
売り買いの注文状況がリアルタイムで表示されるため、
いくらでどれくらいの注文が入っているのか一目で確認することができます

なので、この板を確認しながらトレードをしていれば
どのあたりに大量の注文が入っているのか確認することができるし、
市場全体の取引が活性化したタイミングを掴む材料にも使用できると思います

押し目買いや戻り売りのタイミングを狙ったり、
レンジブレイクのタイミングをはかる材料として
チャート分析と併用するとかなり面白そうですね!

尚、H&Lではデモ口座も用意されているので、
興味のある方は、ぜひデモ口座で体験してみてください^^

ちなみに板表示は、表示/非表示の選択が可能なので
板表示が必要としない方は非表示を選択することも可能です

H&Lは板が見れる新機能を導入

【H&L 取引概要】
サービス名:インターバンク・ダイレクト
取引通貨ペア数:12通貨ペア
取引通貨単位:1万通貨
取引手数料:約定金額×0.005%
初回最低入金額:制限なし
信託保全:○(全額信託保全)
自己資本規制比率:221%(2009年11月現在)

H&Lは板が見れる新機能を導入!全額信託保全も導入済!
H&Lのインターバンク・ダイレクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。