FXA証券

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ブログで掲載しているチャートはどこのFX会社ですか?」 

たまに、こんな質問をいただきますが、
当ブログで掲載しているチャート図は
FXA証券のCTチャートを使用しています

このCTチャートの魅力はテクニカルが豊富
カスタマイズが自由自在なところだと思います

高機能チャートでカスタマイズの自由度が
高いチャートシステムといえば、MT4が有名ですが、
MT4の場合は英語表記が多いので「使いにくいさ」を感じる方も多いようです

最近、FXA証券はスプレッド縮小を実施し、
ドル/円とユーロ/ドルのスプレッドが 1 になったので
コスト面もかなり魅力的なスペックになってきました

もし、MT4以外で使いやすい高機能チャートを探している方は、
このCTチャートを一度、体験してみることをお勧めします^^

MF Global FXA証券 月足チャート 20110112

ちなみに為替侍は、CT・MT4・GFTなど
どのチャートシステムを使った場合でも
背景色は黒にカスタマイズするのがこだわりです^^

やっぱ、目にやさしいのは「背景色:黒」ですから!

尚、下表はFXA証券のスプレッド表です

FXA証券のスプレッドには準固定タイプと可変タイプの
2種類が用意されており、好きな方を選んでトレードができます
興味がある方は、ぜひお楽しみあれ!

通貨ペア (全22ペア)
準固定型 可変型
EUR/USD 1 マーケット状況により常に変動します。
USD/JPY 1
EUR/JPY 2.6
GBP/JPY 4.9
ZAR/JPY 5
EUR/CHF 3
EUR/GBP 3
AUD/USD 3
AUD/JPY 3.5
CHF/JPY 4
GBP/USD 3.5
USD/CAD 4
USD/CHF 4
CAD/JPY 5
NZD/JPY 4.5
NZD/USD 4.5
AUD/CAD 6
GBP/CHF 7
EUR/AUD 7
EUR/CAD 6
USD/SGD 8
AUD/SGD 12
スポンサーサイト

東京証券取引所は11日、MF Global FXA証券株式会社が、
2月1日に新たに東京証券取引所の総合取引参加者になると発表しました

MF Global FXA証券のは、米国を本拠点を構える
MF Global ホールディングス リミテッドの傘下の証券会社で、
現物株、デリバティブ、FX、コモディティなど、
幅広い商品を対象としたブローキング業務を行っています。

MF Global FXA証券 新年キャンペーン 20110112

東京証券取引所では、「新しい取引参加者の加入が、
東京証券取引所市場の更なる流動性の拡大や
顧客の利便性の向上につながるものとして、
同社の総合取引参加者加入を心より歓迎する」
とコメントを発表しています。

まあ、FXトレーダーの立場からみれば
あまり興味のないネタだと思いますが、
一応、記事としてまとめてみました^^;


FXA証券が5月に引き続き、今年2回目のスプレッド縮小します
今回スプレッド縮小する通貨ペアは9通貨ペアです!
(下記図を参照)

20071106-02fxa.png
11/12から適用されるスプレッド縮小通貨

FXA証券は過去の流れからすると
年2回程度、スプレッドの縮小を実施してきていますね

コスト面も優秀、信託保全も完備、モバイル取引可能と
取引環境は着実に整備させてきています

ちなみに2007年9月現在の自己資本規制比率は1,000%
超えているのにはビックリです!

FXA証券のCTチャート・システムはGFTチャートと肩を並べる
素晴らしい高機能チャート・システムです

CTチャートはテクニカル指標は82種類あり、
様々なテクニカルを組み合わせることが可能です

 20071107-02fxa.png
カスタマイズも自由自在!          82種類のテクニカル指標一覧
20071107-01fxa.png
前回(2007/5)縮小された通貨ペア
スプレッド改定のお知らせ

新緑の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、FXA証券株式会社は2007年5月14日(月)より、
19通貨ペア中9通貨のスプレッドを縮小いたします。
赤い字のスプレッドが改定後のものです
より一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
(FXA証券のHPより一部抜粋)



FXA証券が5/14から9通貨ペアのスプレッド縮小を実施します
これで取引手数料のコストは国内業者でぶっちぎりですね

デイトレードやスイングなど短期売買は
低コストが勝利の鍵を握ると言っても過言ではありません

特に数pips~数十pipsの利益を狙いに行くデイトレに関しては
スプレッドが1違うだけで数万円/月の差が出てきますから

USD/JPYは一番身近な通貨なだけに
USD/JPYスプレッド2は大歓迎といえるでしょう

外為どっとコムも手数料無料化へ進んでいますし
売買手数料やスプレッドなど、業者間の低コスト争いは
今後も熾烈になってくるのは間違いないでしょう

┌───────────────────────────────┐
 デイトレ・スイング取引に最適!売買コストは業界No1!FXA証券! 
  関連記事2007/05/08 ドル円スプレッド2へ改正!
  関連記事2006/10/27 FXA証券が10通貨のスプレッドを縮小!
  関連記事2006/10/11 FXA証券が携帯ライブ取引開始!
  関連記事2006/09/14 FXA証券が信託保全導入!
└───────────────────────────────┘

FXA証券が2006年11月13日(月)より
全19通貨ペア中、10通貨ペアのスプレッドを縮小します!

FXA証券は去年11月に9通貨のスプレッド縮小を実施しましたが
今年の11月も証券業登録1周年を記念し
10通貨のスプレッド縮小を実施するようです^^

FX業界の顧客獲得競争はどんどんし烈になってきてますが、
FXトレーダーにとっては嬉しいかぎりです

というわけで、気になるFXA証券の新スプレッド表は以下の通りです

20061027142120.gif

EUR/CHFはスプレッド5→3となりトレードしやすくなりましたね!

個人的にはEUR/AUDは取引したことありませんが・・・
EUR/AUDはスプレッド14→10となり大きくコストダウン!

クロス円通貨やGBP/CHFなど日本人に人気のある通貨の
スプレッドが縮小したのはかなり嬉しいですね


延期させていただいておりました携帯電話での
ライブ取引を10月10日より開始致します
(FXA証券からのメール内容を一部抜粋)

現在、為替侍のメイン口座であるFXA証券
ブログでも前回お伝えしたように信託保全の導入など
かなり取引環境が良くなってきています!
そして今回の携帯電話取引導入でさらに便利になりました^^

しかし為替侍の場合、携帯電話はレートチェックしか
使わないのであまり意味がないですが・・・
でも外出中にポジションを閉じたい時などには利用できそうです

あと個人的にはFXA証券の信託保全導入はかなり大きいです
現在、金融庁に登録しているFX会社の中で
信託保全を導入しているのは全体の3割程度と少なく
5割くらいのFX会社が社内分別保管しているのが現状ですから
この度、お客様の資産のさらなる安全を考え「信託保全」を新たに追加し、
「カバー先への保証金」「銀行口座での分別管理」「信託保全」の
三位一体での分別管理を実施いたします。
FXA証券のHPより一部抜粋)



為替侍のメイン口座であるFXA証券がついに信託保全を導入しました!

HPで詳しく文面を読んでみると
すべての資金が保証されるわけではなく
万が一の場合は資金の一部のみが補償されるようです

現在のFX業界ではこのような資金の一部のみを
返金補償(信託保全)されているところが多いようですね

正直な感想を言えば「最低限の条件をクリア」ってところでしょうか?
大事な資産の一部を預けるわけですからね

ちなみにセントラル短資の場合は
保管される資金は円貨ばかりでなく外貨も円に換算され
お客様の資金は全額信託保全されるので
信託保全のスキームとしては間違いなく業界内トップだと思います

まだまだFX業界は改善するべき点が多いと思いますが、
コレでまた透明性の高い業界へ一歩前進したことは間違いありません^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。