相場コメント

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経済新聞の記事によると、
今、外国為替市場で注目を集めているのが、
ヘッジファンドなど海外投機筋と
日本の個人投資家(通称:ミセス・ワタナベ)の攻防戦とのこと。

投機筋の買いで急速なドル高が進む中、
巨額のドル売りで対抗するミセス・ワタナベは
劣勢を強いられていたが、ここにきて頼もしい援軍が現れた。

それが、当局によるドル高・円安への牽制

これをきっかけにドルが下落に転じて、
利益を手にする展開になるのか。
個人投資家の目がその点に注がれている。

スポンサーサイト

2015年1月28日、スカイマークが民事再生法の適用を申請したの時点で、
現預金などの手元資金が約3億円しか残っていなかった。

航空機のリース料や空港使用料など約40億円の
支払期限が1月末までに迫っていたため、
自力再建を断念して民事再生法の適用を申請。

20150203-1.jpg

また、前社長の西久保慎一氏が個人で7億円
スカイマークに貸していることも判明している。
この資金は従業員の1月分の給与に充てたとみられる。

スカイマークの現預金残高は2014年3月末時点では約71億円あったが、
訓練装置の売却などを進める中、
2014年12月末時点では資金は約6億円まで減り、
2015年1月以降も資金の流出は止まらなかった。

今後は投資ファンドのインテグラルからつなぎ融資を
受ける見通しのため、運航に支障は生じないとみられる。

kawase_samurai

国内航空3位のスカイマークが2015年1月28日、自力再建を断念して民事再生法の適用を申請。売り注文が殺到・・・。 http://t.co/kPlEoMhfkv
01-29 08:57

20150129-1.png

スカイマークの負債総額は約711億円、航空機の運行は維持される見込み。今後は投資ファンド・インテグラルからの資金支援、収支改善支援、運営支援を受ける方針。同銘柄の売買は2月28日まで。3月1日付で上場廃止となる予定。
01-29 09:25

注目のユニチカは速攻で寄ってしまったため、
デイトレに参戦できず。
売り圧力が予想以上に弱かった。

ユニチカ、ストップ安ならず。

腐っても鯛ってことなのか・・・。
とりあえず、放置決定(トレードなし)。


伊藤忠商事は4月16日、30代の男性社員が、
出向先のニュージーランドの関連会社で
約7億円を横領していたと発表した。

個人的に投資していたFX取引に流用したという。
伊藤忠は3月27日付で男性を懲戒解雇した。
近く警視庁に業務上横領容疑で告発する方針だ。

伊藤忠によると、男性は現地の
木材関連会社に2010年8月から勤務。
財務を担当していた2012年5月~2014年2月に、
この会社の銀行口座から自分の銀行口座に複数回送金した。

男性は今年2月末、年度末の会計監査で発覚が
免れないと判断し、会社に横領を告白した。
横領した金はすべてFXの証拠金にあて、
ほとんど残っていなかったという。


新興国の通貨安をきっかけに世界各国で連鎖的に株価が下落しています。世界の株式市場では今、何が起こっているのでしょうか?

今回、ブラジルやトルコといった新興国の通貨が急落したのは、米国による量的緩和策縮小がきっかけとなっています。米国の中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)は、昨年末から量的緩和の縮小を開始しているのですが、これによって世界中にバラまかれたドル資金が米国に戻り始めており、その過程で新興国の通貨が売られ始めたのです。

そこに新興国の経済成長が鈍化するという予測も加わったことから、先行きを不安視した投資家が一斉に手仕舞いしたことで、各国の通貨が大きく下落する状況となりました。

20140204.png

結果的に米国や日本の株式も、一旦は投資を手控えようという投資家が増え、連鎖的に下落が進んでいるわけです。新興国から流出した資金の一部は日本円にも向かってきますから、円高が同時に進行することになります。

市場は基本的にその時点での経済状況を反映するとされていますが、必ずしもそうとは限りません。投資をするのは人間ですから、その行動には心理的な要素も大きく影響します。

大きな不安材料があったりすると、相場は一方向に進みやすいのです。しかし最終的に相場の状況を決めるのは経済ですから、今回の同時株安についても、冷静に世界の経済情勢を見据えた上で判断する必要があります。

リーマンショック以降の世界経済の流れを見てみると、基本的に先進国の経済が不調で、新興国がそれをカバーするという図式でした。しかし昨年あたりからその状況が大きく変化しています。米国経済の回復が顕著になっており、世界の投資資金は徐々に新興国から米国に向かい始めました。

一方で中国をはじめとする新興国は、これまでの無理な経済成長の歪みが出てきたことや、人件費の高騰が進んだことなどから、従来のような高度成長を持続するのが難しくなりつつあります。つまり世界経済の牽引役は、新興国から米国にシフトしているのです。

今後しばらくは、好調な米国経済が世界経済を牽引するものの、成長が鈍化する新興国がその足を引っ張り、全体としては緩やかな成長にとどまることが予測されています。現在はちょうどその転換期にあたるため、不安心理が高まり過剰に資金が動いてしまったという面が大きいのです。

新興国から米国へという資金の流れは、好調な米国経済を背景にしたものなので、それ自体は健全なものです。新興国にとっても、米国の成長が続けば最終的には恩恵を受けることになりますから、今回のショックもいずれ落ち着く可能性が高いと考えられます。

米国経済が好調であることは日本の輸出産業にとってもプラスです。日本株についても、過度に心配する必要はないと考えられます。ただ、日本経済の先行きについては今年から来年にかけて消費税増税の影響などによって大幅な成長鈍化が見込まれています。株価についてはあまり期待しない方が賢明でしょう。
(Yahoo Newsより抜粋)


セーラー服姿で竹刀を持った「スケバン恐子」の
キャラクターで一世を風靡した桜塚やっくんが1
0月5日、自身がボーカルを務めるバンド『美女♂menZ』の
地方営業へ向かう途中、運転していたワンボックスカーで
単独事故を起こし、車外に出たところを後続車にはねられ死亡した。
また、一緒に車外に出たマネジャーの砂守孝多郎さんも亡くなった。

2010年に大手芸能事務所から独立後、
同バンド(今年2月にバンド名を改名)を結成したやっくん。

「月平均で3~4本の地方営業を行っていました。
関東近郊が中心でしたが月に1~2回は遠方へも行っていて、
8月には秋田にも。移動は車でメンバーと交代で運転し、
車内で寝ることもしばしば。11月には
名古屋、大阪、東京でのイベントを控えていました」(関係者)

やっくん本人は「FXなどで年収数千万円はあり、
新幹線移動やホテル宿泊も充分可能だった」というが、
4人のバンドメンバーと一緒となると
“弾丸”地方営業を余儀なくされていたようだ。

遺体は7日、神奈川の実家に運ばれ無言の帰宅。
葬儀は家族葬でお別れの会は未定だ。

※女性セブン2013年10月24・31日号より抜粋

新年あけましておめでとうございます。
今年も自分なりのペースでブログ更新をしていくので、
今年もよろしくお願いします。

あと、twetterも更新しているので、
興味がある方は、ぜひフォローしてくださいね

さて、為替侍の2012年のトレード結果は
mixiの日記で軽くふれたので割愛させていただきますが、
気になるのは、2013年のトレード展望です。

まあ、相場がどーやって動くかは、
実際に動いてみないとわからないので
なんとも言えないところではありますが、
日経平均株価は12,000円を超えるという
楽観的な予想を多く耳にするので、
ココはちょっとだけ期待しているが正直な気持ちです

twitterでもコメントしましたが、
そもそも株価というのは、常に適正なわけじゃない。

企業業績が正しく反映されているわけじゃないし、
期待感だけで株価が大きく動いているのが事実です

たとえ、不景気でも未来に期待が持てるのであれば、
それは株価上昇につながります。
まさに今の日経平均株価はそんな感じだと思います。

ちなみに為替侍が個別株トレードを本格的に
スタートさせたのは、リーマンショック後の2009年からです。

株価低迷が続いてきた中でも、
それなりに結果を残すことができているので
もし、日経平均株価が元気な地合になってくれれば、
過去最高益も夢ではありません。

ぶっちゃけて言えば、空売りトレードをしない為替侍にとって、
地合が良いか悪いかは、トレード収益に直結するわけです

とりあえず、今年も気を引き締めて、
ハッピーな年になるよう頑張りましょう!
今年もよろしくお願いします。


欧州債務危機の深刻化で、今年のユーロ相場も
下落に歯止めがかからない状態が続いています。

また、くりっく365の売買動向をみると1月18日以降、
ミセス・ワタナベ(日本の個人投資家)は
対円でユーロの売り越しに転じているようです。

普段は円売りを好むミセス・ワタナベも、
ユーロを売る「順張り」の傾向を強めているようですが・・・。

ちなみに最近の為替侍はtwitterでつぶやいているので
気が向いた時で構わないので覗いてみて下さい^^
Twitter

20120129.jpg

参考になったら応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

為替介入の影響があったためか、ドル/円の下落は
落ち着きを取り戻し、もみ合いが続いている状態です

もみ合いが続いているため、トレードをするうえでは
あまり旨味がないドル/円ですが日足チャートをみると
トレンドライン付近を推移しているので
ココは注目しておきたいポイントだと思います



また、トレンドラインを同じく注目したいポイントは
ここ最近の転換点になっている79.50円付近(赤ライン)。

トレンドラインを上抜けした場合、
このレジスタンスも突破できるか注目してみてください

というわけで、「参考になった!」
と感じたら、応援クリックで意思表示よろしくお願いします^^


参考になったら応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

短資系FX会社なので信用力は◎!セントラル短資FX!

セントラル短資FX

デイトレ派にとって固定スプレッドは最大の魅力!クリック証券!

クリック証券


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。