為替侍のFXブログ

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2015/081234567891011121314151617181920212223242526272829302015/10

2015年8月24日の日経平均株価の終値は1万8540円68銭、
下げ幅895円15銭というトンでもない大暴落となった。

また、24日の円相場は、世界的な株安を警戒しドル売りが加速。
117円を割り込み、日本時間の22時過ぎに116円15銭まで下落した。

NYダウは、前週末比で一時1000ドルを超える大暴落。
一日の下げ幅としては過去最大の下落幅で、
2014年2月以来1万6000ドルを割り込んだ。

盆明けからパっとしない相場が続いていたが、
先週末からパニックとも言えるような相場となっている。

なぜこのような暴落が発生したのか?

その要因は中国と米国にあると言われている。
具体的に内容は割愛して、ザックリとまとめてみたいと思います。

日経平均株価の日足チャート (画像をクリックすると拡大します)
中国発世界同時株安、日本株・NYダウ大暴落、今後の見通しは?

■小さな要因:米国

この大暴落の原因のひとつは、FRBによる利上げ
年内に行われる可能性が高いからである。

利上げは、金融引き締めを目的に行うため、
株安につながると考えるのが一般的。

そして、米国の株安は、日本株安に直結する。
NYダウが暴落すれば日経平均株価も暴落するのは当然の話。

というような内容の記事をアチコチでみかけるんですが・・・、
個人的には、利上げを懸念した株安要因って言うのは限定的と考えてます。

なぜなら、FRBが利上げするって話は、前々から話題になっていたし、
利上げという行為が、ここまで悲観する金融政策ではないからです。

■最大要因:中国

今回の世界株安の最大要因は中国。
この影響が半端なく大きい!

事の発端は8月中旬に実施された
3日連続の中国人民元の切り下げ

そして、切り下げの行動を裏付ける経済指標の悪化

リーマンショック以降、どん底の世界経済の中、
世界経済を下支えしてきた中国が確実に力を失っているわけです。

ユーロ経済もゴタゴタしてます。

今回の株安を経験して、しっかりと理解してほしいのは
世界経済に与える中国の影響です。

中国の影響力は10年前とは比較になりません。
時代が変われば、影響を与える要因も変わるんです。

■今後の注目点

中国の景気減速を頭を抱えているのは中国当局も同じ。
中国当局も何かしらの手を打ってくるでしょう。

景気を刺激するような策に注目です!

2015/08/25(火) | 世界経済 | コメント:3 | | 為替ブログ
kawase_samurai

お笑い芸人のピース・又吉直樹氏が芥川賞を受賞。この影響で【3159】丸善CHIホールディングスや【3138】富士山マガジンサービスなど出版関連の株価が反応している。個人的には興味のない材料ですが・・・。
07-17 10:28

2015/07/18(土) | twitter | コメント:0 | | 為替ブログ
kawase_samurai

「銀行から金が引き出せない」って状況の意味を、ギリシャ国民は理解できているのだろうか。危機感が感じられない選挙結果。
07-06 06:31

「緊縮財政は受け入れません」「でも、金は貸してください」「支払いも待ってください」まさにロクデナシの主張。
07-06 06:36

2015/07/07(火) | twitter | コメント:0 | | 為替ブログ
kawase_samurai

米自治領プエルトリコは6月29日、「700億ドル(約8.6兆円)に上る負債を返済できない」として、事実上のデフォルト(債務不履行)宣言をした。この結果、高金利の金融商品「プエルトリコ債」が償還されなくなる恐れがあり、国際金融市場に深刻な影響を与える懸念がある。
06-30 14:08

2015/07/01(水) | twitter | コメント:0 | | 為替ブログ